札幌支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント札幌支店のスタッフは、開設した2009年から在籍するスタッフが数多くおります。札幌出身者が多いことも特徴です。中には外壁・屋根塗装の職人経歴があるスタッフも。知識と経験を持ち合わせた提案で、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして向き合います。大切なお住まいのご相談は、三和ペイント札幌支店まで!

Q屋根塗装はどのように塗装するの?使用する塗料の種類も違うの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、札幌支店の歳桃です。北海道は札幌市にお住まいの地元工務店で建てられた築40年を迎えられるS様邸でのお話です。今回は弊社サービスの10年目点検をきっかけに再塗装をご提案させていただきご縁をいただいたS様とのエピソードです。弊社より定期点検をさせていただき、外壁と屋根の現状の状態を写真撮影してお見せし再塗装のメンテナンスが必要であることをお伝えさせていただいたのがきっかけでした。さっそく再塗装の重要性に理解を示され見積が欲しいとのことでしたので後日ご提案させていただくお時間をいただきました。S様ご自身のお悩みは屋根のスノーダクトからの雨漏れが気になるので防水工事をお願いしたいことと、屋根の色あせも気になるので塗装したいとのことでした。実際S様邸を拝見させていただくと、気にされていた屋根について汚れが酷く、スノーダクトのコーキングにも劣化が見受けられました。S様からは現場で「屋根塗装はどのように塗装するの?」「外壁で使用する塗料はまた種類が違うの?」とご質問をいただきましたので丁寧にご説明させていただきました。屋根に関してはまず汚れが酷いため高圧洗浄でしっかりと除去していきます。また全体にサビなどが発生しているためサンドペーパーなどを使いサビを取り除いていきます。そして傷みのあるトタン屋根については下地処理と補修を行い調整させていただきます。こうして屋根とトタンの下地処理をしっかり行ったうえで下塗りをしてハゼ締めを行っていきます。トタンの継ぎ目にはコーキング処理を施し防水効果を高めます。その後、中塗り上塗りで全体を塗装で仕上げていきます。ハゼ部分の塗装は刷毛を使います。その他はローラーを使って色ムラや塗り残しがないように均一に塗装していきます。こうして施工内容を詳しくお話させていただいたことでS様にご安心いただき弊社で再塗装していただく流れとなりました。9年前の塗装で立地条件や環境によって傷みの出方が変わってくるため、今回のように早めに傷みが出てしまった箇所がございました。塗料には基本的に耐久年数が設定されておりますが必ずしもその年数保つわけではないことに注意する必要がございます。こうした環境やお住まいの地域の特性や条件などで変化する傷みをできる限り無料定期点検で見抜く力をつけなければと改めて実感いたしました。今後もお客様の大切なお住まいを守っていくためにもご安心いただける点検を心がけたいと思いました。

担当スタッフ歳桃 健司
職歴

Q前回の塗装から10年が経つけど再塗装を検討するタイミングはいつごろなの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、札幌支店の歳桃です。今回は以前弊社で外壁塗装を施工していただいた顧客様で10年目の点検で再塗装のご提案をさせていただいたM様邸でのお話です。M様邸は北海道千歳市にお住まいで築25年の立派なお住まい。再塗装のきっかけは10年目の点検でした。点検の際に屋根の色あせとサビが気になっておられ、外壁についても年数経過による傷みが見受けられました。また網戸も張替えをお願いしたいとのことでしたので現状の傷みから再塗装のメンテナンスの必要性をお伝えさせていただきました。現場でM様から「屋根塗装だけなら工期はどれくらいかかるの?」とご質問を受けました。今回再塗装となりますので改めて塗装工事の流れをご説明させていただきました。屋根だけであればお住まいの廻りに足場設置を行います。次に足場に飛散防止ネットを取り付けたあと、高圧洗浄を行っていきます。高圧洗浄では埃や塵や汚れを落としていきます。その後、乾燥したところで傷み具合を目視確認し隅々までチェックいたします。洗浄後は傷み箇所が見えやすくなるためです。次に補修が必要な箇所は下地処理を行い、下塗りを行います。この時点で屋根の防水性を高めます。続いて中塗りと上塗りで仕上げていくことになります。工期としては天候により前後しますが1週間程度と思っていただければと思います。外壁も同時に塗装を行うとなるとさらに1週間ほどみていただければと思います。今回のM様邸での再塗装をお任せいただき感じたことは一度当社を選んでいただいている顧客様であるため、10年保証が切れる前にちょうど再塗装のニーズと合いご検討いただける顧客様が多いと改めて実感いたしました。大切なお住まいを10年間見守ってきたからこそ、次の10年をまた守らせていただくことは非常に光栄なことだと思いました。これからも再塗装をご検討いただけるタイミングで弊社を選んでいただけるように常にコミュニケーションを図りお客様との信頼関係を築いていかないといけないと改めて実感いたしました。

担当スタッフ歳桃 健司
職歴

Q屋根と付帯塗装の工期はどれくらいかかるの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、札幌支店の歳桃です。北海道は歌志内市にある築45年のS様邸でのお話です。弊社の紹介サービスである三和フレンズよりご紹介いただきご縁をいただいたS様邸は一条工務店で建てられた立派なお住まいでした。S様のお悩みは屋根のことで冬場の積雪の際、雪が流れなくなり困っているとのことでした。また目で見てわかるほどサビが進行しているとのことでした。さっそく現地調査をさせていただくと年数経過による著しい色あせとサビが見受けられました。築年数と傷みの進行具合から早めのメンテナンスが必要なことをお伝えさせていただきました。現場でS様からいただいたご質問は「塗装工事の工期はどれくらいかかるの?」ということでしたので工事の詳しい流れについてご説明させていただきました。塗装工事の内容は屋根全体に下地補修を行ったあと高圧洗浄をいたします。乾燥後に再度下地補修を行いブロアーによる風で塵や埃を除去いたします。その後、下塗りをした際に下塗りの密着不良がないか隅々まで確認いたします。問題なければトタンの目地と呼ばれる繋ぎ部分に新しくコーキングを打ち込み乾燥後に中塗りをしていきます。中塗りの際の注意点は塗りムラや塗り残しがないか確認することです。何もなければ最後に上塗りを行い塗装を仕上げていきます。その他、付帯物のホームタンク、シャッターの付帯塗装をしまして塗装工事完了となります。最終的に完工検査といって全体の塗装の仕上げに問題ないか担当者と職人とお客様とでチェックいたします。この時に気になる箇所があれば一部塗り直しなどを行い施主様が納得のいくまで施工させていただきますのでご安心ください。このような施工流れとなっておりだいたい工期は2週間ほどになります。天候などによって施工できない日もございます。その場合、予定していた工期より少しずれることもございますと全体の施工の流れをお伝えさせていただきご納得いただけました。今回のS様邸との出会いで著しく傷みが見受けられるお住まいは事前に下塗りテストを部分的に行い相性チェックをする必要性を感じました。これもお住まいを長く守っていくために適切な材料でご提案をするために大事な確認ことですので今後ご縁のあったお客様に対して実施していけたらと思いました。

担当スタッフ歳桃 健司
職歴
全5ページ