いわき支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイントいわき支店は、開設した2008年からずっとこの土地でお客様とのご縁を大切にしてまいりました。これまでに個人で表彰されたメンバーも在籍しております。これまで知識と経験を持ち合わせた提案で、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして向き合います。大切なお住まいのご相談は、三和ペイントいわき支店まで!

Qこだわりの外壁、柄を残したいのですが【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、いわき支店の小椋です。
今回は白河市にお住いのM様、築25年ほどで積水ハウスで建てられた物件でした。お電話でのやり取りで「コロニアル(新生瓦)屋根の傷みが特にひどい」とのことでしたが、やはりお電話口では具体的な傷みの症状が分からず、すぐに現地調査として点検に向かわせていただきました。M様のお宅の外壁は柄付きのパネルボードでした。お悩みを聞いた屋根については、10年以上前に一度屋根塗装のみされており、年月が過ぎたこともあり艶も消え褐色やコケも目立つような状態でした。M様は「すぐではないが向こう1、2年のうちに手入れをする予定だった」とお話をいただきました。ご相談を進めていくと、当初は予算面を考え屋根のみ見積もりを見て検討と思われたようですが、お手入れを先延ばしにした際の屋根の傷みの進行によるデメリット(雨漏りなど)や外壁についての傷みについてもご理解をいただいたようで、セットでメンテナンスを検討いただきました。やはりこだわりの外壁柄は残したいということでクリア塗装について説明させていただきました。クリア塗装は傷みが顕在化する前に処置する方法です。傷みが現れると施工するのは難しいため、絶好のタイミングでもありました。クリア塗装というのは柄や色はそのままで塗ることによって濡れ感といって外壁に水をかけたときのようにもともとの外壁の色が少し濃く見えそこに艶がのった塗装のこと。通常の色をつける塗装の場合手塗りで下塗り材を使用し一度壁を真っ白する下塗り、選んでいただいた色を塗る中塗り、上塗りの3工程ですが、クリア塗装はもともとの外壁の柄や色を残す為下塗り材を使用しないため透明な塗料を上塗り・仕上げといった形で2回手塗りする施工方法です。通常クリア塗装をする場合は築10年~15年が好ましいとされているが今回のM様の場合外壁材の持ちがよく目立った傷みがなかったため築20年過ぎでもクリアが有効でした。施工のデメリットは傷みがある状態で塗ると塗膜が割れる現象が起こること。もともとサイディングの柄を活かした施工のはずが不格好になってしまいます。最終M様にもご理解いただき施工を無事完了することができました。お問合せで多くの方が外壁の柄を残したいというご希望をいただきます。クリア塗装にしても通常の色を付ける塗装にしてもいつどんな状況で傷みが進行していくか、いつ雨漏りなどの実害を引き起こすかは誰にも分からないことではありますが、そうならないための予防としての役割が塗装にはあるという事を改めて理解しました。塗装は勿論美観を保つのも一つの意味を持っていますがそれより大事なものは大切なお住まい傷ませないことが何よりも意味があるのです。「塗装」と聞くと色を変えるというイメージが大きいですが中にはたてた当初の柄が気に入っているという方もいらっしゃると思います。そういう方に是非お勧めしたいのがクリア塗装です。ただし、外壁の色褪せが著しく進んでいてチョーキングと呼ばれる手で触ると白っぽい粉がつくような現象が起きているものや黒ずみカビが外壁に沈着し取れなくなってしまっている外壁には好ましくないため柄を残したい方は早め早めのお手入れをお勧めします。

担当スタッフ小椋彩乃
職歴

Q屋根だけでもしたいけど、屋根・壁一緒にメンテナンスした方がいいの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、いわき支店の酒井です。いわき市は常磐と言えば「白鳥温泉」や「湯本温泉」が有名です。今回お問合せいただきましたK様は、長年この地で暮らされ家族を大切にされているご主人でした。築25年の積水ハウスで建てられたお住い、当社のパンフレットを家族で見ながら「そろそろメンテナンスの時期だね」なんてお話されていたそうです。訪問させていただき点検を実施。10数年前に一度塗装されていましたが、外壁の色あせやチョーキングの症状、特にコロニアルの屋根については褪せが激しく、もちろん防水機能も無くなっている状態でした。K様から「屋根だけでもしたいけど、屋根・壁一緒にメンテナンスした方がいいの?」と質問をいただきました。回答として、屋根だけ塗装するにしても必ず必要になるのが足場の設置です。やはり別々に工事(施工)すると、その分の費用が掛かりますので、1回でまとめられた方が割安になる旨をお伝えさせていただきました。まずは全体の金額を見ていただきご判断いただくためお見積りを作成させていただきました。もう一つ検討いただく際に参考にいただきたいのが塗料の耐久期待年数です。雨風にさらされる屋根は傷みやすく、どうしても使用する塗料によって経年劣化のスピードが変わります。当社で扱っている材料は屋根材の対応年数が10・12年、壁材が10・15・20年と、ご希望の予算やこれからの暮らしに合わせた塗料セレクトをご案内しております。そうすると15~20年の期間で考えると、壁の対応期間内に屋根はもう一度手入れの時期が訪れます。今回のK様は、2世帯でお住まいでお子様にも良い状態で引き継ぎたいとの思いをお持ちでしたので、最高ランクの屋根12年、壁20年の塗料でご提案させていただきました。お客様の家族構成やご年齢をお伺いした上でメンテナンス計画をしっかりご提案すること。またその際にはお客様の思いを最大限汲み取り、最善を尽くすことが大切だと振り返る案件でした。

担当スタッフ酒井晴仁
職歴

Q外壁塗装の適正な時期を過ぎてしまったのではないかか?【電話問合せ】

三和ペイントいわき支店の小椋です。いわき市在住のO様。築20年ほどのお住いで「塗装の適正な時期を過ぎてしまったのではないか、塗装で大丈夫なのか?」ということでお問合せをいただきました。対面させていただいたのが今回は奥様でした。とても熱心にメモを取りながら、また様々な質問をいただいたのですが、その際は私の目を見て真剣な眼差しで誠実な応対をいただいたのが印象的でした。その中の質問で「塗料の種類やその耐久年数。どんな塗料を使うのか?」について、O様のお住いにあったメンテナンス方法を詳しく説明させていただきました。今回のO様のお住いは外壁材がガルバリウム鋼板という建材で、錆に強く長期耐久性、耐震性、耐熱性が高いものでした。寒冷地でよく見られるもので、近隣のサイディングやモルタルのお住いよりもヒビが割れる心配が少ないものです。しかし現地調査にて点検をさせていただいた際、勾配がある屋根は、通りから見てもすぐわかるほどコケや褐色が確認されたり、グレー色だった外壁も色が褪せ白っぽく変色していました。やはりメンテナンスすべきサインが数多くありました。屋根は勾配があるため屋根足場を組まないとお手入れができません。ご夫妻のご年齢を考えると、機体耐久年数が10年のシリコン塗料ではもう一度メンテナンスを検討しなくてはいけませんし、その分コストが増えてしまいます。今回はメンテナンスコストを考え、外壁の耐久年数を屋根の耐久年数に寄せる形で耐久年数15年のシリコン塗料をご提案させていただきました。また外壁材がガルバリウム鋼板ということで使う塗料をグランコートシリーズの中でも「セラMシリコン」という油性の塗料を使用させていただくのですが、少し匂いがきつい薬剤を使いますので、窓を開けっ放しにしてしまうと匂いが部屋に充満してしまうので注意喚起をさせていただきました。O様とは多くのやり取りをさせていただき、また見積もり真剣に検討いただきご決断いただきました。大切なお住い、終の棲家としての想いが十分に伝わるやり取りをさせていただきました。本気でメンテナンスを考えている方には私も真剣に向き合わないといけない。お客様のためにどれだけのことが出来るか考え提案することの大切さを思い知るお問合せでした。どんなタイミングであれお手入れをする事は無駄ではありません。些細な事でも困り事でも解決できるよう努めてまいります。

担当スタッフ小椋彩乃
職歴