いわき支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイントいわき支店は、開設した2008年からずっとこの土地でお客様とのご縁を大切にしてまいりました。これまでに個人で表彰されたメンバーも在籍しております。これまで知識と経験を持ち合わせた提案で、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして向き合います。大切なお住まいのご相談は、三和ペイントいわき支店まで!

Q塗装業者選びをする際の重要な決め手とは?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、いわき支店の小椋です。福島県いわき市の南部(旧磐城市)に位置する小名浜港やアクアマリンふくしまが観光名所となっている小名浜地区。今回はそんな小名浜地区にある団地にお住まいのT様からのお問合わせです。T様邸のお住まいは築31年横梁のサイディングボードをお使いでお庭がきれいなお住まいでした。ご主人様からのお電話を頂きました。前回の塗装から15年程が経ち南面の屋根と壁の傷みが激しいという事でメンテナンスをお考えになっておられました。以前より幾度かご案内させていただいており、弊社のことを覚えておられご連絡をしてくださったようです。ご提案のお時間を頂き実際にご訪問させていただきました。その際に塗装工事における施工工程や弊社が使用する塗料の説明をさせて頂きました。T様から「外壁に沿う形で手作りの風除室があり棚やパイプが外壁にぴったりくっついていたり、物が沢山置いているが足場の設置や実際に塗装する際はどんな対応をしてくれるの?」というご質問を受けました。点検させて頂く際に風除室の形状や中の状況を確認させていただき移動物については工事終了後に元の場所へ戻すため移動前に写真を撮らせていただきます。工事がはじまるまでに施主様と担当者で移動できるものは移動しますという回答をさせて頂きました。棚やパイプが外壁にくっついている箇所、ずらすことのできない箇所については接触部分の際まで丁寧に細いハケでしっかり塗らせていただきます。足場を組む際の対応については実際に足場をかける前の職人との現地調査をさせて頂かないと明確にはお答えできないことをお伝えさせていただき後日職人と現場確認を行わさせていただきました。足場をかけた後の工程については付帯物を含めて塗れるところは丁寧に作業をさせていただきますとお約束させて頂き、今回弊社に塗装工事をお任せいただくこととなりました。今回は移動物の有無、移動物の量、外壁に隣接している建物についてのご質問でしたがメンテナンスを考えておられるお客様の中でこういった点を気にしていらっしゃる方は実は多くいらっしゃいます。すぐにお答えできることや足場の関係で実際に職人さんの判断が必要なことまで様々ですが、何より弊社の事、担当者の事を信頼して任せられるかというのがお客様にとっては一番大切なことなのではないかなと感じました。今後もお客様に寄り添ったご提案をしていきたいと改めて実感いたしました。

担当スタッフ小椋 彩乃
職歴

Qお住まいの悩み事があれば何でも気軽にご相談ください!外壁、屋根、付帯工事承ります【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、いわき支店の鈴木です。福島県中部に位置する玉川村にお住まいのK様邸のお話です。K様邸は建てられて築25年になります。弊社より外壁や屋根に気になる箇所はないかお尋ねすると、K様ご夫妻はちょうど外壁や屋根を手入れしないといけないと考えておられるタイミングでした。数年前に近隣で弊社担当の現場があり、施工を見られており、社名を覚えてくださっておられました。お悩みについてお聞きすると、10年前に外壁と屋根の塗装をしてしばらくは安心して暮らしていたが、最近になって外壁の目地の部分にひび割れが発生したり、屋根の傷みが気になっておられました。また屋根の幕板の腐食が激しく塗装工事の際にここも補修してほしいとのことでした。現場を拝見させていただくとK様のお住まいはツートンカラーで50坪以上の大きなお住まいでした。団地内でも見栄えがあり地域でも目立つ建物。屋根と目地の傷みも年数経過による劣化が見受けられました。また幕板の腐食が酷く進行しており塗装工事と幕板の補修を同時にさせて頂くことをお伝えさせていただきました。現場調査時にK様より次のようなご質問を受けました。「屋根壁の塗装の費用はどれくらいかかりそうか?」「シール補修は何のためにどのようにするの?」「工期はどれくらいかかるの?」とのことでしたので丁寧に回答させていただきました。費用面についてはご夫妻のご年齢と使用する材料の保証から外壁は弊社塗料のラジカルシリコンを、屋根はフッ素塗料をおすすめさせていただきました。K様ご夫妻は幕板の傷みが一番気にされていて、次に屋根の傷みと外壁のシールの劣化でした。そのお悩みを解決するためにどのような補修が必要かや各傷みについて施工内容をお伝えしたことでお客様に寄り添ったご提案ができたことで弊社に施工をお任せいただけることになりました。お客様が悩まれていることに対して解決策をしっかりご提案することで不安から安心へと変わり、ご満足いただけることをあらためて実感いたしました。今後もお客様の問題解決をしていくご提案や要望に応えられるように対応していきたいと思った現場でした。

担当スタッフ鈴木 教士
職歴

Q売却もしくは引越しを考えているけど塗装した方がいいの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、いわき支店の酒井です。福島県いわき市にお住まいのS様邸でのお話です。S様邸は築28年のお住まい。弊社よりS様へお電話にて外壁塗装でお困りごとがないかお尋ねすると、親の世代で一度塗装しているがそれから塗装もしていなくてそのままの状態とのことでした。コーキングの傷みや色あせも気になっているとのことでしたのでさっそく現場調査をさせていただくことになり点検させていただくと年数経過による劣化が顕著に見受けられました。しかし塗装を検討しているが将来的にご子息様が引き継がれることもなく、土地と建物を売却するかもしれないのでメンテナンスするかどうか迷っておられました。築30年近い建物で既に50代のご夫妻様お二人で暮らしているお住まいでしたが、二人暮らしでは十分に広く大きいため現在より小さい家かマンションに引越すことも視野に入れておられました。売却や引越しをお考えでしたので資産価値や売却価格についてお住まいの状態などで判断されるため売却金額に差が出る可能性があることをお伝えさせていただきました。S様がご検討されている方法でいずれかになるとしても予算に合えば塗装を検討して頂いた方が将来的にもよいとおすすめさせていただきました。しっかりと現状のお住まいから必要な補修内容や塗料などご説明させていただきお客様に一歩踏み出していただける後押しができ、弊社へ施工をお任せいただけることになりました。今回のS様の現場のように将来売却を検討されている方も多いと思います。売却するにしても人の目でお住まいの価値を査定いたしますので防水効果の高い状態で安心して住める建物であればそれだけで査定金額にも差が出てきますのでこれからも同じようなお悩みの方は塗装の必要性をご理解いただきメンテナンスされることをおすすめいたします。お客様のお悩みに対して後押しできるアドバイスや塗装をする意図をご理解いただくことが大事だと再認識することができた現場でした。

担当スタッフ酒井 晴仁
職歴