静岡支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント静岡支店のスタッフは、静岡市内出身のスタッフが数多く在籍。お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント静岡支店まで!

Q外壁塗装で見栄えとメンテナンスをきっちり。息子に譲る準備とは【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の浅倉です。伊豆半島中央部に位置する静岡県伊豆市。海も山もあり豊かな環境です。今回お問合せいただいたS様は地元工務店で建てられた築35年の物件でした。「増築した建物の外壁が色褪せ、ヒビ割れしている」ということで点検に伺いました。点検をさせていただきながらS様とお話をしていると「ゆくゆくは息子に家を引き継いでもらいたい」という想いをうかがいました。しっかりメンテナンスして、次の繋ぐ。そんな外壁と屋根の塗装の仕様について色々とコミュケーションをさせていただきました。
予算に合わせて塗料を選択することが多いですが、今回は目的からの逆算です。どれくらい保たせたいか?を軸に提案をさせていただきました。当社の無機フッソ塗料は塗料保証として15年、また1・5・10年のアフター無料点検がありますので、その塗料状態を長いスパンで確認させていただきつつ保持することが可能です。また経過によってトラブルがあればその際応急処置を含め対応させていただいております(状況によっては有料ですが)。ご納得いただきご契約をお預かりすることになりましたが、完工後もしっかりと長期サポートができるよう努めてまいります。改めてメンテナンスをするという発想だけでなく、代をつなぐ塗装仕事でもある、身が引き締まる思いで深い案件となりました。

担当スタッフ浅倉常嘉
職歴

Q雪の影響で樋が曲がった。補修や交換はしてくれるの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の三浦です。当支店は静岡市にございますが、山梨県の一部も工事対応範囲として受付させていただいております。今回お問合せいただきましたK様は、山梨県富士吉田市にお住いで築25年目の物件でした。ご相談内容は、「昨年からコロナ禍の影響で勤務先の観光業も休みがかなり増え在宅時間が増えたことで、家の傷みがきになった」とのこと。点検に伺いチェックさせていただくと、外壁のひび割れが数カ所あり、全体的に経年劣化のよる色褪せが確認できました。またお風呂場のサッシ周りには凍害の影響が出ており、メンテナンス時期をむかえていました。建物は、地元の身内大工で建てた家ということで、ある程度関係はあるところで外壁塗装とも思って問合せしたが、結局は全然知らない業者さんが来るし、だったらということで外壁塗装専門で施工する当社にお声がけをいただいたということでした。
そんな会話の中で「三和さんは地元の会社ではないけど、作業してくれる職人さんはどこの地域の方がくるの?」「雪の影響で横の樋が曲がっているけど補修や交換はしてくれるの?」など具体的なご質問をいただきました。当社の施工パートナー(塗装職人)については、現在静岡支店で一緒にお仕事させて頂いている職人さんは約12~13班が稼働中です。山梨県や静岡県もかなり広範囲なエリアなので最寄りの地域から施工PTが伺います。ちなみに富士吉田エリアは静岡県富士市や沼津市に3班前後の腕のいい塗装職人がおりますので、三和ペイント独自の施工方法を把握しマナーがしっかりとしている者しかいませんのでご安心して頂けると思います。
雨樋についてですが、基本塗装以外の雨樋などの板金工事や補修工事も全て対応はさせて頂いてます。冬場の雪の影響で樋の破損や凍害による外壁の劣化しているお宅も半数以上はいらっしゃるので、最低限の補修するのかしっかりと交換していくのか極力施主様のご負担が少なく尚且つ後々も長く安心してもらえるような方法も様々ご提案はさせて頂いています。前述の通りご説明させていただきご安心とご納得をいただき契約をお預かりすることになりました。
今回K様とのコミュニケーションで、三和ペイントで出来ること出来ないことをしっかりとお伝えさせていただく大切を実感しました。また冒頭では地元の業者もいくつか知っているとの事でしたが私のご説明を聞いて頂いて三和ペイントに価値を感じて頂き、施工の内容も違うから他社とはまったく比較できないねとご縁を頂きました。私自身も三和ペイントの工事には絶対的な自信をもっているので、少しでも多くの方に触れて頂きたいですし広めていきたいので今後も更に努力し続けていきます!

担当スタッフ三浦太佑
職歴

Q外壁のヒビ割れが酷い、何とかなりますか?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の三浦です。静岡県との県境、日蓮宗の総本山である身延山久遠寺がある町として有名な山梨県身延町。今回お問合せいただきましたM様は、築25年で地元建築屋で建てられたお住いで暮らされた方でした。M様から「まだ一度も塗装した事がなく、経年劣化によるひび割れが気になる」とお話をいただきました。ご夫婦共にメンテナンスの必要性が感じておられたようです。また半年くらい前に地元の施工業者に外壁の塗装と瓦の漆喰補修の見積もりをとっていた。金額も金額だし地元の1社だけで本当に決めていいのか?もっといい工事の内容があるんじゃないかとずるずる先延ばしになっていたそうです。三和ペイントが外壁塗装の専門会社ということもあり、一度話と見積りをとってみようということで、お問合せお伺いをさせていただきました。ひび割れが多数、全体的にも色褪せが酷く、ご夫婦が心配されたように急ぎメンテナンスの必要性がありました。ご夫婦から「築25年で未塗装だが、ひびがけっこうでているし施工する事によって目立たなくなるか?」とご質問をいただきました。外壁は和風のモルタルのリシン仕上げになります。希望で艶がでるのは好みではないという事で、艶消しタイプの板見本をお見せしイメージをしてもらいました。また劣化を心配されていたのでしっかりとクラック補修については、特殊な下地を2回塗り、計4回塗りしますので仕上がりも期待していただだけるご提案をまとめました。門前町で恥ずかしくないリフォームの提案内容になり、ご契約をお預かりすることになりました。金額もかかりますので失敗できないというご夫婦の想い。自分自身と三和ペイントであれば問題を必ず解決できると自信をもってお伝えさせて頂き、対応できた思い出深い案件になりました。

担当スタッフ三浦太佑
職歴