静岡支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント静岡支店のスタッフは、静岡市内出身のスタッフが数多く在籍。お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント静岡支店まで!

Q外壁と屋根を隅々まで調査するためドローン点検をさせていただきました!【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の伊藤です。静岡県は焼津港のある漁業が盛んな地域の焼津市にお住まいのK様邸についてです。一度外壁塗装についてお問い合わせさせていただいていたお客様でしたが、そのときはまだ塗装を全く検討されておらず時期をあらためますとのことでした。今年で築19年目になるK様に再度お住まいにお困りがないかをお電話で確認させていただいたところ、外壁・屋根の傷みが気になるとのことで現地調査をご希望されました。今回はどのような傷みがあるかを調査するためにドローンを使用させていただき外壁と屋根を隅々まで点検させていただきました。品質管理部のドローンパイロットが撮影した画像を元に報告書を作成しましてK様に現状の傷みをご報告させていただきました。K様邸の屋根については大きな痛みはなく問題ございませんでした。外壁については太陽の紫外線によって日当たりが良いところで色あせの傷みが目立っておりました。また台風など風による飛来物で数か所に擦れた形跡もございました。痛みの症状のほかにK様は弊社のアフターサービスについてご質問をいただきましたのでご案内させていただきました。弊社は塗装工事が完了して終わりではなく、塗装してからが本当のお客様とのお付き合いが始まるということと1・5・10年目に無料でお住まいを点検させていただくサービスがあるということをお伝えいたしました。K様は「それは安心してお願いできるね」とおっしゃってくださり弊社に施工をお任せいただけることになりました。施工完了後に美観性を取り戻したお住まいを見て新築時の頃に戻ったと大変喜んでいただきました。今回のご提案できっちり施工を管理することはもちろん大事ですが生まれ変わった大切なお住まいを一緒に守っていきたいという気持ちが強くなりお客様以上に管理に力が入りました。また綺麗になっていくK様のお住まいを拝見していると嬉しさが込み上げてきて、外壁塗装業界の営業スタッフとしてのやりがいを本当に実感できました。

担当スタッフ伊藤 瞭
職歴

Qお客様のお悩み解決はもちろん、気づいていない傷みをすべてお伝えし問題解決する【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の相田です。世界文化遺産に登録されている富士山を有する静岡県富士宮市にお住まいのS様邸についてです。S様邸は地元工務店で建てられた築17年の立派な洋風戸建住宅でした。お電話にてS様に外壁塗装でお困りのことをお聞きすると、年数経過による色あせやサイディングボードの欠け、コーキングの劣化を気にされておりました。塗装工事をするタイミングだと気づいていらっしゃいましたがどこに依頼していいかわからないためそのまま何もしない状態が続いていたとのことでした。実際に傷み具合を見てほしいということで現地調査をさせていただきました。外壁を拝見するとお聞きしたとおり色あせが目立っておりました。また状態は外壁の防水効果が低くなっており水の吸い込みが見受けられました。さらにサイディングボードの一部に欠けがあったり、コーキングにひび割れなど劣化が進行しておりました。S様から「傷みがかなり進行しているのが気になっているが耐久性が大丈夫ですか?」とご質問をいただきましたので、どのように補修をするかを回答させていただきました。大きな傷みがあればその傷みの箇所を補修した上で下塗り作業を行います。小さな傷みであれば、今回ご提案させて頂く下塗り材は傷んだ外壁の再生強化を行う下塗り材となっておりますので耐久性に心配はございません。また、コーキングについては現在コーキングがされている箇所すべてに増し打ちか打ち直しを行いますのでこちらもご心配ございません。S様は補修についての疑問点の解決と弊社の施工後のアフターサービスにご納得いただき施工をお任せいただけることになりました。今回のご提案でお客様がどんな事に不安を抱いているのか、細かな部分までヒアリングし不安を解消してあげることで、とても安心していただけること。私共は塗装工事のプロとしてお客様からお聞きしたお悩みだけではなく、お客様がその時気付いていなかった傷みなどに対しても、これまで現場調査で実績を積み上げてきた経験から細かにわかりやすく説明し、今後想定される外壁・屋根の痛みや不安要素を取り除く事で、気持ちよく、安心して施工を任せて頂けるのだと再認識いたしました。

担当スタッフ相田 公雄
職歴

Q何でも相談できる雰囲気づくりでお客様のお悩みをすべて解消!【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の三浦です。今回は山梨県にある日本を代表するリゾートタウン富士河口湖町にお住まいのT様邸でのお話です。外壁についてお話を聞かせていただいたところ地元工務店で建てられた築30年の戸建住宅で一部増築していたり、リフォームを数年前にされておりましたが外壁の塗装は一度もしておらず大変気にされておられました。塗装自体は地元の塗装会社のチラシなどでいつかはしないといけないと気にかけておられました。実際に現地調査をさせていただいたところ、T様ご自身で増築後の補修と1階の戸袋の塗装や小さなひび割れの補修はされておりました。ただ外壁は未塗装だったため全体的に細かい亀裂が入った傷みが見受けられました。T様からの質問に「うちは古くて一度も塗装していないし亀裂もかなりでているので大丈夫ですか?」「庭に倉庫があるし、木のベンチ、タイヤ、花など物がたくさんあるけど移動してくれるの?手伝うことはある?」と聞かれましたので次のようにお答えさせていただきました。亀裂については外壁の下塗りを塗る前にコーキングを使い亀裂をすべて隙間を埋めていきます。注意点として塗装後に補修跡が目立たないように薄く亀裂の隙間に埋めていくのがポイントです。周辺物については移動に関してはすべて私と施工パートナーで行います。施主様はご指示いただけるだけで大丈夫です。施工後の現状復帰と破損などの確認のため事前に写真を撮影させていただきます。T様は弊社の施工手順などご納得いただき最終的にご縁をいただくことができました。初めて塗装されるお客様はご夫婦共に疑問に感じている事が多い傾向にあります。ですので難しい言葉を使っても理解しずらいと思いますので、わかりやすい言葉を選び丁寧に説明することが大切だと実感いたしました。また塗装工事中は施主様に普段通りの生活をして頂きたいので思っていることなど何でも相談できる雰囲気づくりを心がけ不安解消するように努めさせていただきました。今後もお客様に寄り添ったご提案をしていきたいと思います。

担当スタッフ三浦 太佑
職歴
全15ページ