新潟支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント新潟支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。また、工事管理課も在籍しておりますので、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント新潟支店まで!

Q豪雪地帯、金属トタン屋根の手入れ方法について【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の山ノ井です。今回お問合せをいただきましたY様は、築30年の地元の大工さんにお願いして建てられたお住いの方でした。新潟県南魚沼市は地域では知られた豪雪地帯。その良質な水源を守るために「南魚沼 銘水の森」間伐プロジェクトなどが盛んな地域で暮らされていていました。Y様のお問合せは「金属トタン屋根の手入れ方法を教えて」でした。お電話では状態が分かりませんので早速現地調査に伺いました。点検で屋根を拝見すると錆が激しくメンテナンスの時期をむかえていました。屋根塗装は上塗りにどんな塗料を使うかも大切ですが、下地処理の「錆止め」が重要になります。工程において①ケレンをしっかりすること②錆箇所には錆転換材を塗布すること③グレード高い錆止めを使用することが長期的な安心につながりますので、Y様にもそのご説明をさせていただきました。またどんなに良い塗料を上塗り塗ったとしても下地処理が甘ければ意味がありません。当社では日本最大手の塗料メーカー関西ペイントと共同開発したグランコート塗料は上塗りもそうですが、下塗り塗料もしっかりとラインナップさせています。かつ全国に支店を展開していることもあり、その施工ノウハウを含め品質管理部で情報共有、スキルを持った職人(施工パートナー)と提携することによって、日々その施工品質に自信をもっております。ご提案をに納得いただき、工事をお預かりすることできましたが、改めて施工の手順や施工の重要ポイントを事前にしっかり説明すること、またお客様への安心感を事前に提供する大切さを実感した案件となりました。

担当スタッフ山ノ井 奨
職歴

Qトタン屋根に穴が開いたけど雨漏りしなければ塗装工事はしなくていいの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の山ノ井です。新潟県は長岡市のO様邸のお話です。弊社より外壁塗装についてお困りごとはないかお聞きすると年数経過によって屋根が変色していることが気になるとのことでした。さっそく傷みを確認するため現場調査をさせていただくとトタン屋根が日光による紫外線や雨風による劣化で色あせが目立っておりました。現場でO様より「トタン屋根は塗った方がいいのか?」や「雨漏りしなければメンテナンスはしなくていいのか?」とご質問がありましたのでご説明させていただきました。O様邸の屋根は金属トタン屋根を使用しておりましたのでトタンに穴が空いてしまうと雨漏りの原因になります。今すぐに屋根塗装をしないと傷みが進行して屋根に穴があく訳ではありませんが塗装をすることで防水性が高まり雨漏りなどの予防策になりますので傷みが広がる前にメンテナンスが必要です。色あせが発生しているということは屋根の塗装の塗膜自体の防水機能が低下しているということですのでこのままの状態を放置すれば屋根はどんどん傷んでいきます。またサビなどが本格的に出始めると屋根塗装が難しくなります。傷んでからメンテナンスを検討し始める方もおられますが、そういう場合は屋根の葺き替え工事やカバーリングが必要なケースも多く、リフォーム工事費用が塗装のみで補修するよりも1.5倍~2倍かかることになります。この屋根塗装工事のタイミングを逃せば大きな補修工事が必須となります。この先メンテナンスをご検討されるのであれば傷む前にこのタイミングで塗装工事をおすすめしますとお伝えさせていただきました。今回O様のように外壁塗装について知識がない方も多くいらっしゃいます。大切なお住まいをどのように手入れすべきかをお伝えし、お住まいを安全に長く住んでいかれるためには定期的な点検やメンテナンスの必要性が大事であるということをこれからもお客様に対して訴求し続けていけたらと感じました。

担当スタッフ山ノ井 奨
職歴

Q外壁一面のみの依頼でも大丈夫?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の小林です。新潟県は日本海沿岸部の北区にお住まいのI様邸でのお話です。築22年を迎えられたI様は予算的に全面塗装は難しいと感じている中で弊社パンフレットを見ていただき外壁塗装のお見積り依頼をお受けいたしました。今すぐ塗装工事をするのに諸所の事情がありできませんが来年には傷みの出ている北面の外壁一面のみのご希望でした。正確なお見積りを出させていただくためにお住まいの状態を見させていただきたい旨をお伝えすると快く引き受けてくださいました。後日現場調査をさせていただくとI様邸のお住まいは海に近い沿岸部でよく発生する塩害により北面の外壁が色あせており傷んでおりました。前回の塗装の塗膜には剥離や凍害は起きておりませんでしたので外壁塗装ができると判断させていただき、必要な補修や塗料などご説明させていただきお見積りを出させていただきご提案させていただきました。I様はお見積り内容にご満足いただき「来年になりますがよろしくお願いします」と言っていただきよかったです。無理な営業はせずにお客様のご希望通りにご提案することはお客様の為を思ってですので結果的にこの対応で良かったと思っております。予算の関係上、I様のように一面のみの塗装工事も承っておりますので塩害などでお困りの際は新潟支店の小林までご連絡いただければ幸いです。お客様に寄り添ったご提案をさせていただきます。

担当スタッフ小林 善登
職歴
全3ページ