新潟支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント新潟支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。また、工事管理課も在籍しておりますので、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント新潟支店まで!

Q豪雪地帯、金属トタン屋根の手入れ方法について【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の山ノ井です。今回お問合せをいただきましたY様は、築30年の地元の大工さんにお願いして建てられたお住いの方でした。新潟県南魚沼市は地域では知られた豪雪地帯。その良質な水源を守るために「南魚沼 銘水の森」間伐プロジェクトなどが盛んな地域で暮らされていていました。Y様のお問合せは「金属トタン屋根の手入れ方法を教えて」でした。お電話では状態が分かりませんので早速現地調査に伺いました。点検で屋根を拝見すると錆が激しくメンテナンスの時期をむかえていました。屋根塗装は上塗りにどんな塗料を使うかも大切ですが、下地処理の「錆止め」が重要になります。工程において①ケレンをしっかりすること②錆箇所には錆転換材を塗布すること③グレード高い錆止めを使用することが長期的な安心につながりますので、Y様にもそのご説明をさせていただきました。またどんなに良い塗料を上塗り塗ったとしても下地処理が甘ければ意味がありません。当社では日本最大手の塗料メーカー関西ペイントと共同開発したグランコート塗料は上塗りもそうですが、下塗り塗料もしっかりとラインナップさせています。かつ全国に支店を展開していることもあり、その施工ノウハウを含め品質管理部で情報共有、スキルを持った職人(施工パートナー)と提携することによって、日々その施工品質に自信をもっております。ご提案をに納得いただき、工事をお預かりすることできましたが、改めて施工の手順や施工の重要ポイントを事前にしっかり説明すること、またお客様への安心感を事前に提供する大切さを実感した案件となりました。

担当スタッフ山ノ井 奨
職歴