新潟支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント新潟支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。また、工事管理課も在籍しておりますので、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント新潟支店まで!

Q一番傷みの早い箇所に合わせて外壁も屋根も同じタイミングで工事するとコストを最小限に抑えられます!【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の山ノ井です。新潟県長岡市にお住まいのT様邸についてです。弊社より外壁塗装で困りごとはないかお尋ねさせていただくと、T様は外壁の目地部分のコーキングに劣化が見られるため点検してほしいとのことでした。他の箇所にもT様にはわからない細かい傷みが発生しているかもしれないため現地調査をさせていただくことになりました。現地にてお住まいを拝見させていただくと家全体の外壁に年数経過による色あせの傷みが発生しておりました。また目地部分のコーキングもひび割れが発生しており劣化しておりました。T様から現場でご質問いただいたのが「目地のひび割れからも雨漏りすることあるの?」ということでしたので丁寧にご説明させていただきました。堅目地のコーキングのひび割れ箇所から直接お住まいの大事な躯体の内部まで雨水が侵入することはこれまでの数多くの現場を見てきましたがあまりございません。ただし窓周りのコーキングのひび割れからは家の内部に雨水が侵入することはあり、比較的雨漏りする可能性は高いです。雨漏りの原因の60%は窓周りのコーキングの劣化がほとんどです。このまま放置すると非常に危険です。堅目地に関しても家の内部に水は侵入しませんが外壁の凍害の原因になる場合もございます。また外壁の反りの原因にもなる為、このまま放置することはおすすめできません。コーキングの耐久年数は10年ほどで年数経過とともに油分が抜けて硬化している状態になると古いコーキングはすべて除去して新しく打ち直ししたほうがいいです。コーキングの施工をする場合でも足場の設置が必要となりますので足場を立てるのであれば外壁と屋根も傷みを確認して同じタイミングで塗装される方がコストも抑えられるためお勧めいたしますとお伝えさせていただきました。今回のT様邸のようにまだ傷みが小さく早い段階で発生している箇所似合わせてお住まい全体を塗り替えすることで補修箇所も少なく済みますし、劣化する進行具合は部位によったり環境の条件によって変わってきますが同じタイミングで全体の外壁屋根塗装をしたほうが結果的に費用を抑えられますので築10年を目安にメンテナンスをご検討いただくと良いかと思います。

担当スタッフ山ノ井 奨
職歴

Q塗装工事だけをして終わりというお付き合いではなくその先の満足・感動を提供するのが私共の役割だと思っております【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の平田です。新潟県長岡市にある築20年のO様邸でのお話です。弊社よりO様へ外壁塗装についてお困りごとはないかお聞きしたところ、年数経過による外壁の傷みに気づかれておりそろそろ検討しなくてはという状況でした。実際に現場を拝見させていただくと母屋の外壁に年数経過による赤サビが発生しておりました。また車庫の壁に反りが見受けられました。一緒に現場を廻りながら外壁の傷みを点検していくとO様より次のようなご質問をいただきました。「塗装工事をする際、開口部はどうなりますか?」「車庫の三面の壁の張替えを行うなら母屋と車庫の壁の色の兼ね合いはどうすればよいか?」とのことでしたので丁寧にご説明させていただきました。塗装工事中の開口部については養生する際に施主様のご要望をお聞きして使用したい箇所をはじめにお聞かせいただき使用できるようにさせていただきます。そして車庫の壁のお色については母屋の壁とのバランスを見ていただきながら豊富なカラーを揃えております色見本からご選択していただくことが可能です。お選びになる際にはお住まい全体のバランスを考慮してアドバイスさせていただきますのでご安心くださいとお伝えさせていただきました。最終的に弊社からのご提案にご理解とご納得をいただき施工をお任せいただくことになりました。今回のO様の案件に携わり、この三和ペイントの営業という仕事に就いて大変良かったと心の底から思いました。塗装工事が進みにつれお住まいが綺麗になっていくのを見られて、施主様の頬が緩んでいきずっと笑顔だったのが印象的でした。施工が完了して足場解体後の清掃時にO様とお会いした時に深々とお辞儀してお見送りまでしていただき感謝申し上げます。外壁塗装は大きなお買い物になります。本来ならば担当の私が感謝やお礼をするべきところをO様が「とても良い塗装工事をしていただいてありがとうございました」と仰ってくださり本当に感動いたしました。この感動体験を忘れず今後ご縁をいただいたお客様に対して感謝の気持ちを忘れずお客様に寄り添ったご提案ができるように精進してまいります。

担当スタッフ平田 貴也
職歴

Q塗膜の剥がれの症状でもう手遅れと思われているお客様。張替え工事で補修が可能ですので気軽にご相談ください【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、新潟支店の戸田です。新潟県は三条市にある地元工務店で建てられた築20年になるY様邸でのお話です。弊社よりY様へ外壁や屋根で気になる箇所はございませんか?とお尋ねしたところ、現状のお住まいの傷みの状態がわからないためプロの目で見てほしいと点検を依頼されました。さっそく現地調査を兼ねてご訪問させていただきお住まいを拝見させていただくと外壁に塗膜の剥がれの傷みが複数個所に見受けられました。一緒に家回りを回って傷みを見ていただきながらご説明させていただくとY様は見慣れない傷みにびっくりなさっている様子でした。塗膜の剥がれを見られてもう塗装できないのではと思われたようで「塗装でどれくらいの耐久性を担保できるの?」と心配そうにご質問をいただきましたので塗料についてご説明させていただきました。Y様邸の外壁はサイディングボードを使用されていますので塗膜の剥がれの傷みが発生した場合は傷みの箇所だけを張替える工法がございます。ですので手遅れではなく補修できますのでご安心くださいとお伝えさせていただきました。ただし、Y様のおっしゃる通り塗れないというお考えは間違っておらず塗膜の剥離箇所を補修せずに上からそのまま塗ることは通常しません。今回は塗膜の剥がれ箇所の張替えとそれ以外の箇所は通常の塗装を行います。また張替えたサイディングボードの箇所は塗装時に張替えたことが分からないほど同系色で仕上げますので目立つこともございません。実際過去に同様の施工実績がございますのでこれまでの実績を見ていただき塗装工事についてご理解をいただき不安も払拭されて弊社に施工をお任せいただくことになりました。今回のY様邸のように塗膜の剥がれが少なくても塗装そのものができなくなると思われている方が多いと改めて実感いたしました。今後も同じような認識のお客様がおられましたら思い込みを解決するご提案ができるようにしていきたいと改めて思いました。

担当スタッフ戸田 浩二
職歴
全4ページ