神戸支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント神戸支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。お客様に寄り添ったヒアリングとご提案を実施いたします!お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント神戸支店まで!

Q外壁と屋根以外にどこまでの塗装してくれるの?【電話問合せ】

神戸支店の光田です。兵庫県でも明石海峡に面する風光明媚な明石市。今回のお問合せはヤマダ・エスバイエルホーム様で建てられた築17年にお住いのB様からです。B様のご近所でも外壁屋根塗装のリフォームをされるお宅が増えていたそうです。B様が工事を眺めていると、雨樋だけ塗らない家があったり、塗装業者と商談をするとオーバートークする方も多く不安だったとか。そんな折、ヤマダ電機様が給湯器の点検した際「外壁塗装もそろそろですね」と言われ改めて検討する機会になり、当社に点検のご依頼がありました。お伺いするとB様はお住まいを建てられる当時の建設中のお写真をとても大切に保管されておられ、建てた時の想いを色々教えていただきました。お話を聞きながら点検をさせていただくと、目地のコーキング補修だけは数年前に施工されていましたが、外壁の色褪せが目立ち始めていました。また総2階造りの日当たりの良いお住まい故に、外壁のチョーキングや、バルコニーのクラックまで確認できました。B様から「外壁と屋根以外にどこまでの塗装してくれるの?」という質問に対して、「建材で塗れるもの塗れないものはありますが、塗ることができる箇所はご希望であれば、お好きな色で塗らせて頂きます」と回答させていただきました。B様夫婦のご希望は、出来る限り家の雰囲気は変えずにきれいにしたいということでしたので、ご希望を尊重し新築当時に近い塗装色を提案させていただき、ご夫婦も新築の懐かしさを表情に浮かべていらしたので私もホッと安心しました。玄関の色決めでは、ご夫婦は外壁と同色系を選ばれましたが、「もしかしたら外壁の色と少しかぶってしまって、色を見る時間帯(日中や夕方)によってはこういう風に見えてくることもあります」など今までの施工実績や経験からご提案をさせていただき、ご納得いただけて良かったと思っています。今回の接客を通して、お客様の好むままを二つ返事で仕事をせずに、きちんとプロとしてのアドバイスを心掛ける事の大切さをさらに学ばせて頂きました。お住まいを持たれている方みなさんに、新築の時のあの気持ちをもう一度感じて頂けるお手伝いが出来るよう、私ももっとカラーリングについても勉強してまいります。

担当スタッフ光田耕陽
職歴

Qせっかくのリフォームなのでガラッとイメチェンしたい!【電話問合せ】

神戸支店の安井です。今回H様からのお問合せは「イメチェンしたい!」でした。H様がお住いの神戸市北区は、関西で有数の温泉地である有馬や、神戸を代表するベッドタウンのエリアです。H様がお住いの地域でも過半数の方が塗装リフォームを済まされている中で、「うちもそろそろ」と検討されていたそうです。また塗装するイメージもしっかりお持ちで、イメージチェンジを図る上でどうすれば良いか?に想いを巡らされていたそうです。現地調査に伺うと、外壁はモルタルに吹付をしているタイプで、経年劣化により亀裂が生じていました。また立地が山中でコケ・カビが発生しやすい環境でしたので屋根にもそのような症状が見て取れました。H様は数年前に一部補修をされていましたが、その際の業者様が壁の色にも合わさず対応されたようで違和感を感じていらっしゃたようです。いよいよ提案のタイミングになり、「外壁の塗装をするのは決まっているけど、壁にタイル張ったり、玄関扉変えたりできるの?」「塗った時の艶が嫌なんだけど、艶はどうしてもつくものなの?」など様々な質問を受けました。また家をリフォームしたときに完成のイメージは奥様がもっていらっしゃたのでどのようにしていきたいか一つ一つヒアリングをさせていただきました。タイルを多く張りすぎると重さで強めの地震がきたら落ちる可能性があると、施工PTからアドバイスをもらい正直にお伝えしました。奥様は迷われていましたが玄関周りだけタイルを張り、全体的に2トーンにしたらどうでしょうか?と提案したところ気に入っていただきました。艶を出したくないということでしたので、当社の塗料「グランコートシリーズ」の艶消しシリコンを提案させていただきました。H様のイメージにできる限り近い形で施工させていただき、ご満足いただけるリフォームになり私もホッとしています。今回の接客で感じたことは、「なんでもできますは誠実ではないこと」です。本当に信頼を獲るには安くしますでは無く、また安請け合いするのではなく、しっかりとニーズに添った内容で施工ができるかを確認しながら進めることです。そのために自社の商品に自信を持ち、施工パートナーの腕もそうですがワンストップサービスを掲げる当社だからこそ、施工管理もお客様にとって大切だと感じました。

担当スタッフ安井健人
職歴

Q塗装で亀裂か出ないような工法や塗り方は?【電話問合せ】

神戸支店の黒田です。築30年、地元工務店で建てられ大事に大事に住まわれているH様からお問合せいただきました。日本標準時子午線の街・明石市。地震の影響で壁に入った亀裂を過去に修繕されたそうですが、また亀裂が開いてきてたので気にされていたそうです。そんな折、当社の投函したパンフレットを見てご連絡をいただきました。早速現地調査に伺わせていただき点検すると、全体的に汚れはなかったのですが、大きい亀裂や小さい亀裂も数箇所ありました。ベランダも見せていただきましたが塗膜が経年劣化していて防水機能も完全になくなっている状態でした。H様にお話を聞くと強い雨の日に雨漏りをしていると悩まれていました。ご相談は「亀裂が出ないようなリフォームはありますか?」と聞かれましたので施工工程と工法の説明をさせていただき、ご納得いただき施工に入らせていただきました。 足場組作業→飛散防止ネット張り→高圧洗浄→亀裂の補修(モルタル壁の亀裂個所にグラインダーという回転するやすりでV形に亀裂を削るVカット工法)、その上から変成シリコンで補修。さらに元の壁の凹凸に合わせて吹付タイルという凹凸のつく塗装で吹付けました。小庇の壁との取り合い部やサッシ廻りの亀裂個所も補修。→養生作業(開口部をビニールシートで覆う)→次に下塗りにローラーで高弾性な塗料を使い、下地を2回塗り→ご希望に添った塗料の色で中塗り、上塗り。亀裂個所は5工程の塗装で他は4工程の作業でしっかり対応させていただきました。→付属部塗装(雨戸・雨樋・庇の上の鉄板など)→ベランダ防水(ウレタン樹脂防水3工程)→完工検査→足場解体作業→清掃・完成といった流れです。一般的な工程より多いですが、亀裂個所分からなくなる工法で、H様にも安心いただきました。 私は塗装の仕事に携わって16年目になりますが、お客様のお住いにとってベストな補修方法や、長年の経験から得たご提案をすることの大切さを改めて振り返りました。ご希望に添った修繕対応を腕のある施工PTさんと打合せをしっかりすることなど、基本的ではありますがその大切さを実感しました。当社はお客様から完工後アンケートをいただくのですが、「頼んでよかった!」とお褒めの言葉はやはり励みになります。

担当スタッフ黒田博之
職歴
全21ページ
X
営業なし無料の「訪問ざっくり見積もり」
↑