神戸支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント神戸支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。お客様に寄り添ったヒアリングとご提案を実施いたします!お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント神戸支店まで!

Q屋上防水工事では足場は必要なの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の光田です。兵庫県は神戸市にお住まいのT様邸でのお話しです。T様邸は築25年の旭化成ヘーベルハウスで建てられた立派なお住まい。今回お客様より弊社に再度お住まいの補修工事でご依頼をいただきました。内容をお聞きすると2021年8月、連日続いた大雨により発覚した屋上からの雨漏れを気にされておられました。さっそく現場調査をさせていただくと年数経過による防水シートが劣化して断裂している箇所が複数見受けられました。またT様のご子息様が応急処置で防水テープを各所に貼って補強してくだっておられた状況でした。十数年前に弊社で防水シートを用いた屋上防水工事を行わさせていただきましたが年数経過により、その防水シートが断裂し隙間から雨水が侵入して雨漏りの起こす原因となっておりました。T様より外壁の塗装も劣化が進んでいましたが、今回は雨季を凌ぐためにも早急に屋上防水を強化してほしいとご要望をいただきました。その際、T様より次のようなご質問を受けました。「屋上防水工事は足場がなくても施工できるか?」「今回防水シートをすべて剥がして張替える必要があるか?」ということでした。足場については広々とした屋上で外壁塗装を行わないのであれば足場は組まずとも屋上防水の施工は可能です。屋上防水工事については、今回の雨漏れが、大雨の日以外でも漏れてくるようであれば防水シートの劣化具合はかなり進行しておりますので早急に全面の張替えをおすすめいたします。今回は大雨かつ横殴りの雨風が強い天候での症状でしたので現状の断裂している部分を切除して一部の張替え工事でしっかり防水性を高めることができることをお伝えさせていただきました。今回は緊急性の高いご依頼を受けましたが普段の生活でなかなか目にすることのない屋上や屋根では、天候の変化により知らない間に劣化が急に進行して劣化することもあります。台風や地震、様々な天災が生じた際には定期点検の機会でなくとも、こまめに顧客様とコンタクトを図り、大切なお住まいの安心を気にかけていくことの大切さを改めて実感いたしました。

担当スタッフ光田 耕陽
職歴

Q外壁と屋根の色選びでは色見本を駆使して納得いくまで対応します【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の平井です。兵庫県はいかなごのくぎ煮で有名な神戸市の沿岸部にお住まいのY様邸でのお話です。Y様邸は築30年の立派な洋風のお住まい。弊社から外壁や屋根でお困りのことはないかお電話させていただいたところ、以前近くで弊社の塗装工事を見られており、そろそろ塗装を考える時期に来ていたそうですがそのときはタイミングが合わなかったようで断念したとのことでした。今回そのことを覚えてくださっていて一度詳しく聞いてくださることになりました。お悩みがないか詳しく聞かせていただいたところ、屋根の色あせなど気になっている箇所が多々あるとのことでしたのですぐに現地調査をさせていただきました。外壁には年数経過による色あせやひび割れなど劣化が見受けられました。Y様は「どんな塗料を使用するのか?」「アフターサービスはどういったことをしてくれるの?」というお悩みをお持ちでした。塗料については国内の塗料メーカー最大手の関西ペイント様との共同開発した高品質の塗料を使用していることと、施工後、1・5・10年と無料で点検させていただくサービスがあることをお伝えさせていただきました。何か問題があればすぐ駆け付け補修させていただくこともお伝えさせていただきました。またK様は色にこだわりをお持ちの方で施工前までずっと悩まれておられました。何度も色見本を壁に当てて遠目から見てみたりしてご納得いく色が見つかるまでご対応させていただきました。塗装完了後に足場解体したときに選択した色で間違いがなかったこと、そしてご近所の方からも「とてもおしゃれ!」というお声もいただき大変満足のいく塗装工事ができて満足していただけました。色選びの際、とくに色にこだわりをお持ちのお客様は弊社の屋根の色見本が小さいため微妙に違う同系色の色の違いを見分けるのが大変ではありますが、納得できる色選びをしていただくために、色見本を駆使していろんな角度や見方を変えたりして対応することでイメージに少しでも近づけられると思いました。また入念な色選びを施主様と一緒にさせていただいたことで仕上がったお住まいを見て理想の風合いになったときは施主様同様にうれしい気持ちになります。今後もお客様に寄り添ったご提案を心がけたいと改めて思いました。

担当スタッフ平井 一則
職歴

Q塗装工事以外でどんな些細なことでもお住まいのお悩みがあればご相談ください!【近隣挨拶回り】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の桐石です。兵庫県は宝塚市の塗装工事現場で近隣へのご挨拶周りの際に訪れたのがM様との出会いでした。M様邸は築35年で立派なお住まい。施主様のお悩みをお聞きするとご自身で外壁と塀の見栄えが気になり高圧洗浄をしたものの、塀周りに白い砂がたくさん落ちていることが気になっていることと隣家との境界線がわからないとのこと。また三和ペイントさんのような大きな会社に塗装以外の小さな修繕工事でも引き受けてもらえるのか?というご質問をいただきました。そのお言葉に弊社のサービスに大きいも小さいもございませんとお伝えし現場を見させていただけることになりました。実際に見てみると塀の塗装は硬い仕上がりになるセラミックを吹き付けた塗装をされており、砂のような石粒台のセラミックを混ぜた塗料の経年劣化が白い砂が落ちる原因とわかりました。また振動や揺れによる髪の毛状の小さなヘアクラックという現象も見られました。続いて隣家との境界線も見させていただき、前回塀を塗装した箇所と同じ部分で問題ないことをお伝えさせていただきました。今回挨拶回りの時でしたので近辺で塗装工事をしており、職人立ち合いのもと一緒に現場周りさせていただいたことがM様に信頼と安心感を持っていただけたようで最終的に修繕工事をお任せいただけることになりました。今回M様との出会いで塗装とひとくくりに言っても、壁、屋根、だけではなく塀や雨戸、雨樋、面格子、鉄柵などお客様それぞれで気になっている部分が違うということ。全国展開の会社だから小さな仕事は受けてくれない!といった先入観があること。私たちができることはお客様に寄り添ったご提案をすることであると再確認いたしました。

担当スタッフ桐石 壮士
職歴