函館支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント函館支店は、札幌支店に在籍していたスタッフが2018年に函館支店を開設しました。北海道・東北出身者で構成されています。豪雪地域での知識と経験を持ち合わせた提案で、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして向き合います。大切なお住まいのご相談は、三和ペイント函館支店まで!

Q建材に合わせた塗装工事って?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、函館支店の鈴木です。函館市柏野町にお住いのS様から頂いたお問合せです。現地調査に伺い、点検をさせていただくと築20年ほどの建物で過度な色褪せや錆の初期症状があきらかでした。お話を聞いていると「前回の塗装リフォームは外壁上張り時に、サービスとして屋根の塗装をしてもらった」ということで、どのような塗料を使い、どのような工法で補修したのかS様もご理解されていないままだったそうです。他のお客様にもよく言われますが「塗装リフォームはなんでも一緒」ではありません。屋根の建材によって、下地剤の塗料が変わります。なぜならば建材自体を補修するか、補修しなくて良いかによって使う塗料が変わるからです。また下地剤が違うと、上塗りする塗料も変わってきますし、塗料種類によって耐久期待年数が変わってきます。S様のお住いに合わせ、改めてメンテナンスのご提案をさせていただきましたが、「材料・工法を理解してお願いすることが大事なんだね」と言われた時は、きちんと説明させていただいて良かったとホッとしました。当社は外壁塗装を専門として企業運営をさせていただいております。所詮「外壁塗装」ではなく、さすが「外壁塗装」のプロとして、今後も精進してまいります。

担当スタッフ鈴木翔也
職歴

Q白サビの対処方法を教えてください【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、函館支店の間宮です。今回お問合せをいただきましたI様宅は、地元工務店で建てられた築20年ほどの物件でした。函館市は言わずと知れた寒冷地、夏は適度に湿度もあり快適に過ごせる半面、冬は凍えそうに寒く風が強い地域です。また年間を通じて曇りの日が多い特徴もあります。そんな地域の屋根はトタンが多く「白サビ」がよく発生します。白サビは亜鉛光沢のあるメッキ層が雨水に濡れて容易に乾燥しないような環境で発生しますが、I様宅も前述のような白サビの症状が多くあらわれていました。ご近所に当社の施行した実績現場もあり、I様も当社のご理解があり工事を預かることになりました。また塗装工事と共に軒天交換時にグラスウール等もチェックしてほしいとの要望をいただきました。I様ご夫妻も不在がちでしたので都度工程における写真を残すなどし説明させていただいたことに喜んでくださり、私もホッとしております。初めてお伺いした際ご夫婦と一緒に点検をさせていただきましたが、その際サビや軒天の傷みを共有したことで、塗装後綺麗になったことに安心をされていました。改めてご一緒に点検してお住いの傷みをしっかり認識してもらうことの大切を実感しました。

担当スタッフ間宮光昌
職歴

Q点検と見積り、時間はどれくらいかかりますか?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、函館支店の鈴木です。函館市湯川町、温泉地としても歴史があり1653年(承応2年)が開湯と言われています。今回お問合せいただいた湯川町で暮らされるI様はミサワホームで建てられた築15年ほどの物件でした。I様がみても劣化を感じる傷みがあり、ハウスメーカーでの点検を待っていたとのこと。その際、わたくしどもからも「そろそろメンテナンスを」とのご案内が重なり、2社での相見積もりをされたそうです。当社はお問合せいただいてから早い段階で現地調査と点検を行い、物件や補修の方法を確認してからお見積りを提出させていただいております。難しい工事でなければ1週間ほどですべてを完結してご提案をさせていただいております。また緊急性のある塗装リフォームでもスピード着工を心掛け、素早い工事対応をさせていただいております。I様から他社の提案や対応スピードが遅く不安を感じ、当社で工事をお預かりすることになりました。決め手は当社スタッフの素早い対応や、施工方法についての熱心な説明だったとI様から評価をいただき、嬉しく思っています。お客様の立場で応対すること、中でも大切な事がスピード感と丁寧な説明、そして工事期間の施工管理だと実感した案件でした。引き続き誠心誠意に努めてまいります。

担当スタッフ鈴木翔也
職歴
全7ページ