函館支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント函館支店は、札幌支店に在籍していたスタッフが2018年に函館支店を開設しました。北海道・東北出身者で構成されています。豪雪地域での知識と経験を持ち合わせた提案で、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして向き合います。大切なお住まいのご相談は、三和ペイント函館支店まで!

Q塗膜の爆裂ってどんな状態なの?塗装で綺麗に直せますか?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、函館支店の浜田です。北海道は函館市にお住まいのZ様より弊社に電話にてお問合せをいただきました。築40年を迎えられるZ様邸は前回他社の塗装業者様に依頼したが耐久年数よりも早めに傷みが出てしまったので次に再塗装する際は違う業者にしてもらおうと考えておられました。弊社から以前お渡しさせていただいたパンフレットをご覧いただき、またホームページも参考に見ていただき三和ペイントへお問合せいただいたのがきっかけでした。さっそく現地調査をさせていただくためご訪問してお住まいを拝見させていただくと、Z様邸はALCの外壁を使用されたお住まいでした。外壁には比較的軽度の黒ずみ、年数経過による紫外線や雨風による原因から色あせが目立っておりました。また3か所に前回塗装した際の古い塗料が水分を含み、塗膜が膨れて熱によって気化したことで塗膜が膨れて破れることを爆裂といいますがその爆裂の傷みも見受けられました。屋根については13年前に葺き替え工事をされており、お手入れはまだ先を考えているとのことでした。外壁については15年ほど前に施工したが安い費用で塗装工事をしてもらったがすぐに傷みが現れたので今回は同じ失敗はしたくないお気持ちを強く持たれておられました。事前に弊社についてお調べなさっていたため会社の方針や使用する塗料の質、塗装後のアフターサービスがあることも把握されており弊社へ関心をお持ちでした。塗料について補足すると国内最大手の関西ペイントと共同開発した高品質塗料を使用します。特徴としては上塗りする際の密着性が高いため剝がれにくくお住まいの防水性を高めることはもちろん長期にわたり美観性を保つことに優れております。また塗料自体にも保証がついておりますので前回のような失敗をすることはございません。それに加えて今回の傷み箇所については弊社の塗装職人にも見ていただき適切な下地補修を行いますのでご安心くださいとお伝えさせていただきました。今回のZ様のご提案で塗料の品質や保証の説明をしっかり行い、他社との違いを明確にしたことが弊社に塗装工事をお任せいただける要因になったと思います。実際の塗装工事の現場対応では施工パートナーの職人さんの仕事ぶりや確かな技術と丁寧さにも関心して頂けました。Z様は完成したお住まいを見て「さすがだね」とお褒めの言葉をいただき良かったです。さらに「三和ペイントさんに頼んで良かった」と満足していただき喜んでもらえました。施工中は何度も現場に通ったことで気になる部分があればすぐに職人さんに対応してもらい施工完了までスムーズに管理とスケジュール通りに進行できました。塗装後からが本当のお付き合いがはじまります。これからもアフター点検含め長いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

担当スタッフ浜田 貴史
職歴

Q建ててから年数が経つも目立つ傷みが見えないけど塗装する必要はあるの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、函館支店の鈴木です。北海道は函館市にお住まいのF様邸のお話しです。F様邸は築25年を迎えられるお住まいで弊社よりお電話にて外壁塗装で問題はないかお聞きしたところ、年数経過による劣化状態が素人だとわからないため一度点検してほしいとのことでした。さっそく現地調査をさせていただきお住まいを拝見させていただくと屋根についてはサビや色あせが見受けられました。現場で点検している際、F様からご相談をいただいた内容は前回の塗装から年数が経っており塗装工事をするタイミングだと思っているが現状の傷みの状況がわからないため塗装する必要があるかプロの目で見て判断してほしいとのことでした。屋根の傷みを確認することはF様ご自身では難しい無落雪の屋根の構造でしたのでドローンを使用して屋根全体と隅々まで写真撮影しながら点検し、撮影した写真を見ていただいたのと、梯子を使っての点検も同時に行いました。全体写真で色あせの傷みの状態を確認していただきF様が写真を見られて思っていた以上に傷みが進行していることをに驚いておられました。この状態のままにしておくといずれ防水効果がなくなり雨漏りなどが発生する可能性が高いことをお伝えさせていただきました。傷みの進行具合と弊社のご説明にご納得と塗装の必要性を理解していただき施工をお任せいただけることになりました。F様よりプロの目で点検をしてもらい最新の点検方法であるドローンを使った屋根点検もしてもらい普段見えない箇所までしっかり見られ、質の高い診断を行っていくれたので大切なお住まいのメンテナンスを一つひとつ丁寧に対応してくださり安心できましたとお褒めの言葉をいただき嬉しかったです。ほとんどのお客様に言えますが初めてお会いした方に自分の大切な家のメンテナンスを任せるのは非常に不安もございますし大丈夫かな?と心配されるのは当然のことだと思います。今回のように誠実な対応がお客様の不安を払拭して業者を選択される時に大きく影響するのだと改めて感じました。これからも自分の家を手入れする気持ちで丁寧な営業活動を心掛けたいと思いました。

担当スタッフ鈴木 翔也
職歴

Q凍害が見受けられる外壁部分は塗装で直せるの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、函館支店の浮須です。北海道は函館市にお住まいの築25年を迎えたO様邸についてです。地元工務店で建てられたO様に弊社より外壁塗装で気になっている箇所がないかお聞きすると、地域柄沿岸部が近いため屋根のサビが気になっているとのことでした。また外壁のサイディングも年数経過によって一部傷んでいるとのことでした。そして前回お塗装から10年以上経過していることもありそろそろ手入れをしたいと思っておられたところでした。さっそく現場訪問させていただきお住まいを点検させていただきました。お電話で気にされていた屋根はサビが発生しており、板金の補修が必要な箇所が一部見受けられました。また裏面のサイディングは日当たりが悪く凍害が進んでいたため張替えが必要と判断いたしました。またサイディングボードのつなぎ目の目地の部分のコーキングも劣化してひび割れが発生している状態でした。現場でO様より次のようなご質問を受けました。「屋根はそのまま塗装するの?」「傷んでいる外壁はどのように補修するの?」「塗装するなら外壁をホワイトにしたい」「外壁についている付帯物のボックスが取れかかっているので修理してほしい」「窓上部分の外壁も傷んでいるので塗ってもまた傷みがでるのでは?」「家回りは工事前に片づけたほうがいいの」という風に沢山の気になる点があり一つひとつ丁寧にお答えさせていただきました。屋根の塗装についてはサビが進行してる箇所は板金の張替えを行います。次に上から屋根と同色の塗料で塗装を行います。裏面のサイディングはそのまま塗ってもまた傷みが出てくる可能性がありますので部分的に張替えを行う必要があります。外壁の色については白系の塗料を弊社では豊富にバリエーションを揃えておりますので色見本を実際に見ていただきながらお好みの色を決定していただければと思います。また取れかかっているボックスについては破損部分の補修を行います。ビス止めをした上でボックス周りにコーキングで固定します。窓上のサイディングはこちらも一部張替えを行いその上から同色の塗料で塗装を行います。家回りの私物に関しては足場設置前に可能な範囲で一緒に整理させていただきます。重いものなどはご相談しながら移動させていただきますと各質問に対してお伝えさせていただきました。今回のO様邸での現場では施工に関するご質問に対しては傷みの原因と施工方法をしっかり回答することでお客様が抱えておられる不安を早期解決につながるということ。そして色に関することは施主様のご意向に沿った形でお住まい全体のバランスを考慮してご提案差し上げるよう心がけることが大事だと再認識いたしました。これからも長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

担当スタッフ浮須 慎太郎
職歴