パーパスレター07:K・N邸

2020年11月に塗装工事完了となったお客様。静岡支店で施工させていただきました。静岡県静岡市清水区にあるお住まいは、ご夫婦様で拘って建てられたのだとか。築20年になる住まいの外壁塗装リフォームに踏み切ったきっかけは、静岡支店の担当・菊地芳秀からのご案内でした。外壁塗装工事終了後、お住まいを見る機会が増えたと嬉しそうに話されている姿が印象的でした。動画は3分程度でまとめておりますが、インタビュー制作秘話も含めてご紹介しています。
目次

不安を解消させたのは「家を大切にしたい」という気持ちが通じ合ったから

 

「拘りを持って家を建てたんですけど、いつ塗り替えをするかということについて知識がほとんどなかったんです」とご主人様。築20年を迎えるお住まいにはよく外壁塗装に関するチラシが入るようになり、心のどこかで『こうそろそろ塗装リフォームを検討しないといけない』という思いがあったといいます。ちょうどその時、静岡支店の菊地芳秀よりご案内させていただき、商談の機会をいただきました。三和ペイントの商談では、お客様がお住まいをこれからどう守っていかれたいのか?をお聞きする時間を設けます。会話の中で“本当に何を望んでいるのか”“その為に自分たちにはどんな提案ができるか”を擦り合わせる時間的余裕があったことを褒めていただきました。

 

うちの家に対する気持ちというか、大事にするっていうようなものを感じた」と話すのはご主人様。ただ費用面だけを話すのではなく、お住まいやご家族を知ろうという姿勢を感じていただけたのかもしれません。そしてその人柄についても言及してくださいました。「菊地さんはあまりしゃべらないけど、人柄の良さが伝わってきた」とご主人様。気持ちや波長が合ったことも、三和ペイントにお任せいただけた要因なのかもしれません。

 

奥様がこの先も気持ちよく暮らせるように―

色に関してお話してくださったのは奥様でした。「自分の家を眺めてるんですよ、笑っちゃいますよね」と、外壁塗装リフォーム後の我が家に対する愛着が増した様子を話します。いつもであれば住まいを見ることなくそのまま玄関に入るものの、今は少し離れたところから眺めることもしばしば。

その色を決める際、ご夫婦様でお話されたことを教えてくれました。色選びは奥様が中心に選ばれたそうで、そう勧めたのはご主人様だったのだとか。“僕が死んでから、奥さんがずっとこの家で気持ちよくいられるように”というご主人様の思いでした。それを聞いた奥様は嬉しそうに「長生きしたいですよね」と話されていました。

 

実際に外壁塗装工事を終えて、気分転換が出来たとご主人様。その気分転換は、単に古くなって修理しないといけないから…というわけではなく、むしろ住まいを新しく作り上げるという感覚だそう。奥様が選ばれた色のイメージと相まって、リフレッシュできたと喜んでおられました。

 

 

職人の仕事ぶりは真面目で安心して任せることができた

塗装工事中の職人の様子について「真面目にやってくれる」と感じたそう。ポストの塗装や表札廻りも綺麗に仕上がっており、作業の細かさにも定評をいただいた。2階の外壁は正直施主様からするとあまり見えない部分。であるにも関わらず、窓から覗くと綺麗にライン出しがされている。仕事風景に関しても無駄なことは話さず、しかし仲良く作業を進めている様子にも雰囲気の良さを感じていただけた。様々な作業の工程を見ながら、職人の真面目さを感じていただけたようだった。

 

 

 

 

外壁塗装をして、20年先が楽しみになった

外壁塗装リフォームを終えて、これから先の未来を考えるようになったと奥様。20年先の自分と住まいをイメージすると嬉しくなるのだとか。としたとき、今の段階で住まいを塗装したからこの喜びを早めに体感できたことも幸せに感じると笑顔で話してくださいました。そう嬉しそうな表情で話す奥様を見守るご主人様が、とても印象的でした。

ご主人様は「ものの考え方だよね」と一言。ただ単に家を保つという目的で外壁塗装をするのではなく、気持ちよく住む為には早めに手を付けた方がいいと感じたといいます。そこには、もちろん時間的な速さはありますが大切なのが気持ちの方。住まいをもっと大切にしていこうという気持ちをもっと表すことが、住む人も住まいも幸せな気持ちになるのではないかと。

 

 

 

この経験を、これから塗装を検討する方に伝えたい

 

三和ペイントに対する今後の期待についてお聞きしました。ご主人様からのご要望は「塗装実績をアーカイブ」すること。時期はどうであれ、住まいを持っている人はいずれ外壁・屋根塗装は検討していくはず。そのときに、価格や施工内容、担当スタッフについて迷うはずだと。ご自身は、実際に三和ペイントで外壁塗装をしてどんなものだったか分かるが、それを今後塗装の検討をする人にも伝えることができたら…とお話してくださいました。やっぱり外壁塗装にしてもリフォームにしても、実際に完成形や工事の流れを見て体験しないと分からないもの。今回経験した外壁塗装をする喜びや関わる人たちについて伝えていきたいと思っていただけているようでした。

その他のお客様の声
パーパスレター06:S・K邸
2021年1月に塗装工事完了となったお客様。神戸支店で施工させていただきました。兵庫県神戸市、築30
パーパスレター05:U・Y邸
2020年11月に塗装工事完了となったお客様。大阪支社で施工させていただきました。奈良県奈良市、築3
パーパスレター04:O・N邸
2020年6月の塗装工事完了となったお客様。松山支店の中島章宏が担当させていただきました。愛媛県松山