パーパスレター06:S・K邸

2021年1月に塗装工事完了となったお客様。神戸支店で施工させていただきました。兵庫県神戸市、築30年を超えており今回が4度目の外壁塗装工事となりました。ご自身が建築系のお仕事をされていた経験もあり、技術的な目線で外壁塗装工事を見ていただいたご様子。動画は3分程度でまとめておりますが、インタビュー制作秘話も含めてご紹介しています。
目次

元気なうちに外壁塗装をしておきたかった

兵庫県神戸市にお住まいのお客様。築30年を超えるお住まいに暮らされており、これまでに3度外壁塗装工事をしているのだとか。ご主人様が現役時代、公園メンテナンスの技術面でお仕事されていたこともあり、これまでの外壁塗装は知り合いに頼んでいたそう。「知り合いに塗ってくれんか?って頼んでたけど、もうリタイアして20年になる。知り合いはもう外壁塗装の仕事をしていないんじゃないかと思ってね」とご主人様。とは言え、経年劣化で汚れが目立つ我が家をきれいにしたいという思いがあったそう。雨漏り対策も兼ねてご自身が元気なうちに住まいの塗装リフォームを検討することになりました。

 

三和ペイントにご依頼いただいた理由を「ひょんなタイミングだった」と笑いながら話すご主人様。神戸支店の平井がご案内する前に、姫路市の外壁塗装業者さんからも声かけがあったそう。その時は話が盛り上がらなかったそうで、翌日平井がご案内をすると意気投合し商談の機会をいただくことになりました。商談では外壁塗装の種類や保証年数についてお話させていただきご契約に。良いタイミングでのご案内だったと振り返っておられました。

 

 

今回ほど感動した外壁塗装工事は初めて

塗装工事を終えてみての感想を「光沢があってきれいだと思いました」と一言。これまでに経験されたときは艶のないタイプの吹付塗装ばかりだったそうで、きれいになった外壁を触りながら喜んでおられました。「これでまあ、周りに大きな顔して歩けるんじゃないかな」と笑顔で話すご主人さま。ご自身のお住まいが塗装リフォームで生まれ変わったからこそ、周りのお住まいにも目が行くようになったそう。

「今回ほど感動した塗装工事はないですね」と一言。美観が回復されたことはもちろん、担当させていただいた施工パートナー(塗装職人)の対応を丁寧だったと評価いただきました。窓際や付帯物など、隅々まで気を配りながら工事を進めていることが伝わってのだとか。「私のこれまでの職業経験からしても丁寧でしたね」とイチオシの言葉をいただきました。

 

 

まだまだ元気でいたいと思った

外壁塗装を終えて、ご自身の気持ちの中に変化が生まれたというご主人様。「命ある限り、この家におろうかなと思います」と笑顔で話してくださいました。外観がきれいになることはもちろん、お気持ちに変化があったことにも感動いただきました。そしてこれからも、まだまだ元気でいたいとおっしゃるご主人様は、とても前向きな印象を受けました。

最後に、今回担当させていただいた平井に対してエールのメッセージをいただきました。「物腰も柔らかく礼儀の正しい人なので、これからも頑張っていただけたら」とご主人様。その言葉に平井も喜んでいる様子でした。また平井からは「これからも末永く宜しくお願いします」という言葉をご主人様に送りました。外壁塗装は塗って終わりではありません。5年10年と安心して住んでいられる為に、メンテナンスパートナーとしてこれからもS様のお住まいに寄り添ってまいります。

その他のお客様の声
パーパスレター07:K・N邸
2020年11月に塗装工事完了となったお客様。静岡支店で施工させていただきました。静岡県静岡市清水区
パーパスレター05:U・Y邸
2020年11月に塗装工事完了となったお客様。大阪支社で施工させていただきました。奈良県奈良市、築3
パーパスレター04:O・N邸
2020年6月の塗装工事完了となったお客様。松山支店の中島章宏が担当させていただきました。愛媛県松山