考えられる原因

まず考えられる事にシール材そのものの経年劣化が挙げられます。
雨・風・雪・紫外線などでシール材の樹脂が劣化するケースや年数的に硬化が進み、破断するケースがあります。
またサイディングボードとの接着不良による界面剥離という現象もあります。
その他、シール材の充填量が適正でなく薄い為に割れるケースもあります。
さらにシール材にも種類が多くあり、基材と相性が良くない場合は早い年数(4年~5年)で割れるケースもあります。

放置した場合のリスク

劣化したシールを放置する事でサイディングボードの裏側や小口に雨水が入り、建材自体が雨水を吸い込む事による経年劣化を早める事になります。
サイディング自体の変形が早まり、張替え工事まで至るケースがあります。

対処方法

2種類の方法があり、現在のシールをカットし上から新しいシール材を充填する「増し打ち」と、現在のシールを撤去し、プライマーを塗布した上から新たにシールを充填する「打ち替え」があります。

他のポイントもチェック