考えられる原因

外壁をさわり手に粉がつく状態をチョーキング現象(白亜化現象)と言います。
塗料を構成している主要素の樹脂が劣化する事で生じる現象ですので、この様な状態になりましたら再塗装の適正時期と言えます。

放置した場合のリスク

チョーキングが発生しますと初めは白色の粉が手につき、これをそのまま放置した場合、次のステップとして現在の外壁色の粉が手につきます。
ここまで来た場合は、樹脂は完全に劣化し顔料が手についている状態であり防水性能はなくなっていますので、基材・建材の傷みに繋がります。

対処方法

塗膜劣化を抑える下地塗料を使用し、雨・風・雪・紫外線に高い耐久性を持つ高耐候性塗料を使用する事が効果的です。

他のポイントもチェック