考えられる原因

第1に構造上の亀裂です。
これは外壁にかかる負荷を逃がす緩衝箇所が設けられていない場合に多くでます。
その他にモルタル自体の乾燥収縮(コンクリートペースト)によって追随できずに発生します。また防水性の低下により、水を吸って乾いてを繰り返す中でセメント自体が中性化し脆くなった結果としてひび割れという症状に至る場合もあります。

放置した場合のリスク

ひび割れ箇所が雨を多く受ける箇所の場合は当然、雨水が内部に入る事により、モルタル壁の下地にあるラス網を錆びさせる原因となります。
この錆びがひどくなれば、モルタルとの肌別れを起し、俗にいう外壁が浮く状態となります。

対処方法

ひび割れ状態に適した下地処理を行った上で防水性の高い塗料で外壁を防水していく事が効果的です。

他のポイントもチェック