考えられる原因

お住まいの傘である屋根は最も過酷な条件にさらされていると言えます。
雨・風・雪・紫外線・急激な温度変化など多くの影響を直接受ける箇所でもあり建材を守っている塗料が劣化する事により、変褪色していきます。

放置した場合のリスク

美観的な観点から言えば、当然、変褪色は年数を経過するごとに大きくなります。
また建材の保護という観点から言えば塗膜の防水性が低下する事で金属系の屋根材であればサビの原因となり、セメント系の屋根材であれば屋根材の耐久性低下の原因ともなります。

対処方法

大きくは再塗装・葺き替え・重ね葺きの3通りのメンテナンス手法があります。
葺き替えは当然、建材も新品となりますがコスト面としては最も割高な方法です。
また重ね葺きは、今ある屋根の上から再度屋根を葺き直す方法ですが躯体に加重負担が大きい点、さらに雨漏れが発生した場合の原因究明が難しくなるという側面もあります。
最後に再塗装ですがコストパフォーマンスとしてはもっとも優れた方法ではありますが、あまりに劣化が進んでいる場合などは 屋根に乗るだけでセメント瓦が割れてしまうなど、傷み切る手前での方法となります。

他のポイントもチェック