用語集

コロニアル屋根(colonial)

【英】 colonial

【よみ】 コロニアル

・コロニアル屋根のメリットについて

コロニアルは価格が安く、軽量なため耐震性に強いのが特徴です。1平米あたり約5,000円ほどのコストで済みます。また、デザイン性にも優れているため様々な要望に応えられるのがメリットです。デザインにこだわりたい方にオススメの屋根材です。

・コロニアル屋根のデメリットについて

紫外線や雨風によって塗装が経年劣化すると色あせ、ひび割れ、反り、塗膜の剥がれなどの傷みが生じます。環境によって劣化の進行度合いは様々なため早ければ数年程度でメンテナンスが必要となる場合があります。

・コロニアル屋根のメンテナンスについて

目安として10年に1度、定期的なメンテナンスをオススメいたします。コロニアル屋根(スレート屋根)は屋根材を組み合わせている構造上、水が溜まりやすく雨漏りが発生しやすいです。雨漏りの症状が出始めるとかなり傷みが進行していることになり、屋根材の下にある防水シートや構造材にも浸水して腐食している可能性があります。このような場合は早急にメンテナンスをする必要があります。

品質管理からアドバイス

コロニアルの最大の特徴は軽量である事です。阪神淡路大震災の際に多くの家が倒壊しましたが、その多くが陶器瓦をのせているお住まいでした。それ以降使用実績が急激増加しており、新築のお住まいにはほとんど、コロニアルが使用されております。屋根はなかなか目視して色褪せや劣化具合が確認できないので、業者に依頼し定期的に点検とメンテナンスを行うようにしましょう。施工する際は塗装前の下地補修はもちろんですが、棟板金のズレや、釘の浮きなどもチェックして頂くようにして下さい。

頭文字から選ぶ
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
アルファベット.その他
営業なし無料の「訪問ざっくり見積もり」