外壁・屋根塗装のリフォームにおけるトラブル事例(クレーム・手抜き工事)と対処法

2020.10.06 14:00

外壁・屋根塗装のリフォームにおけるトラブル事例(クレーム・手抜き工事)と対処法

外壁・屋根塗装のリフォームでは時々トラブルが発生してしまいます。リフォームするならトラブルはなるべく避けたいですよね。
この記事では、外壁・屋根塗装のリフォームで発生するトラブルの事例とトラブルの避け方をまとめましたので、業者選びの際の参考にしてみて下さい。

外壁・屋根塗装リフォームで「色見本と違う」トラブル

外壁や屋根塗装の色は色見本やシミュレーションをしながら決めていきます。
しかし、完成してみたら思っていた印象と違う場合があります。
これは、塗った面積、光の加減、周囲との相性によって、色の見え方が変わるからです。

こちらの記事で、色の選び方について詳しく書いてあります。

塗装の仕上がりがイメージと違うといった件では塗りなおしは対応してもらえません。業者は色見本通りに色を塗っているからです。
色は事前に打ち合わせをしっかりして入念に選びましょう。

「塗装の品質が悪い」というトラブル

塗り忘れ、頼んだ箇所が塗装されてない、塗りムラがあるなど、施工品質が低い場合があります。
中には高い(普通)値段で受けた仕事を、下請けに安すぎる報酬で依頼している悪質業者もあります。安すぎる報酬での下請け業者は、人件費や材料費を割けずに手抜きをすることがあります。
そのような業者を避け、信頼できる業者を選びましょう。

「塗りなおしたばかりなのに異変が生じた」というトラブル

塗装には寿命があり、時間の経過とともに劣化していきます。しかし、数か月ほどでひび割れやチョーキングが発生するのは早すぎです。
あまりにも早すぎる不具合は、手抜き工事や技術力不足が原因として考えられます。
保証がついている業者であれば、そういった不具合が発生したときに作業をやり直してくれます。
外壁・屋根塗装のリフォームをする際は保証も確認しましょう。

「説明されてない追加費用が発生したとき」のトラブル

施工範囲の説明があいまいなまま施工が始まり、説明されていない追加費用が請求されることがあります。
最初に見積書をだしてもらい、追加費用の有無についての確認も必須です。
見積書に少しでも不明確なところがあれば、着工前までに明らかにしておきましょう。

工事の期間が不明確

時々、工事の期間を曖昧にして、書面にも残さない業者があります。こういった業者では、いつまでたっても工事が始まらない、工事がなかなか終わらないといったクレームが発生しやすいです。
いつから、どれくらいの期間で着工するのかを明確にしている業者を選びましょう。

外壁・屋根塗装リフォームで トラブルを事前に避けるには?

トラブルの発生を根本的に抑えるための方法があります。塗装業者へ依頼の予定があるならば、トラブル対策に以下のことに気を付けてみて下さい。

証拠を残しておく

塗装業者とのトラブルには、口約束による認識の行き違いで発生することがあります。いざ着工したときに、お客様が把握していないオプションや追加費用が発生するとクレームに繋がります。
しかし、証拠が無ければ業者の説明が不十分だったのか、お客様側の把握漏れなのかうやむやになってしまいます。
契約を交わす際は、見積書も隅々まで確認して手元に置いておきましょう。

塗装業者と密な相談をする

お客様のことをきちんと考えてくれる塗装業者でも、お客様の考えを全てくみ取れるとは限りません。悪質な業者ならなおさらです。
また、リフォームが終わってもアフターフォローなどが充実した塗装業者ですと、長い付き合いになります。
塗装業者とのコミュニケーションを図り、意向をすり合わせておきましょう。

塗装の知識を少しでも得ておく

塗装業者と同じくらいの知識を一般の方が短期間で身に着けるのは難しいですが、塗料の種類や簡単な施工の流れ、色選びのコツであればすぐに身に着けられます。
お客様自身が塗装についての知識を少しでも有しているだけで、イメージ通りの完成に近づけやすくなります。
時間に余裕がある場合は、下調べをしておきましょう。

アフターサポートを確認する

業者によってアフターサポートの充実度が違います。施工をして終わりの業者もあれば、10年後も定期点検を行ってくれる業者もあります。
アフターサポートが充実している業者の方が、リフォーム後の保証や不具合への対応がしっかりしていますので、業者選びの際には確認しておきましょう。

外壁・屋根塗装リフォームのトラブル、手抜き工事まとめ

外壁・屋根塗装リフォームで発生し得るトラブルを解説してきました。トラブルに発展することを防ぐのに重要なことが4つありました。

・証拠を残しておく
・塗装業者と密な相談をする
・塗装の知識を少しでも得ておく
・アフターサポートを確認する

 

外壁・屋根塗装リフォームを依頼する際には、どのようなトラブルがあるのか、トラブルを避ける方法と合わせて知っておけば、事前にトラブルを回避できる可能性は高まります。

関連するタグ

注目の記事

詳しく見る

ロジカル経営Vol.1「プロスピーカー」(...

2020.10.23
特集

(上記は、リフォーム産業新聞2020年10月26日号掲載 ※...

詳しく見る

外壁・屋根塗装の三和ペイント #アスカツ-...

2020.10.22
特集

もくじ お客様との関わりに元気をもらいます   お客様との関...

詳しく見る

第十四回/株式会社アサンテ ~With―縁...

2020.10.21
With

もくじ 外壁塗装と防蟻(シロアリ対策)。似て非なる事業提携 ...