外壁・屋根塗装における完工検査って、なあに?

2020.04.28 21:45

外壁・屋根塗装は、初めて経験される方がほとんど。どんな仕上がりがいい工事なのか分からないという声もお聞きします。今回は、各企業対応が異なりますが、三和ペイントが実施している『完工検査』の仕組みについてお話しします。

 

完工検査とは?

三和ペイントでは、外壁や屋根の塗装工事の足場解体前に専門スタッフ(工事管理課)による『完工検査』を実施します。完工検査とは、お客様にお引渡しする前に塗り残しや塗りムラ、外壁と付帯物の境がきれいに塗装されているかなどをチェックし、改善項目があれば手直しをしていくために行います。塗装工事は、仕上がりの基準が分からない方がほとんど。少し気になる箇所があったとしても「こういうものなんだろうか…」とそのままにしてしまう方もいらっしゃいます。足場が外れてしまうと、屋根や2階部分の外壁の手直しはできません。だからこそ、足場を解体する前に完工検査を実施するのです。

※工事管理課在籍していない支店では、担当者による完工検査を実施しております。

 

完工検査の目的は、満足いただける基準で塗装サービスを提供する

完工検査は通常、すべての塗り作業が終わるタイミングで行います。業者によって完工検査をするかしないかや、誰が検査をするかなど工程内容は様々です。三和ペイントでは、工事に関する専門スタッフが完工検査を実施しています。担当する営業スタッフや職人によって、お客様に提供する塗装の品質にムラがあっては困ります。工事に特化した専門スタッフが現場に赴き、完工に向けて塗り残しや飛び散りなどを確認。塗り残しなどがあると、写真のようにマスキングテープで印をつけて職人と営業スタッフに作業を促します。外壁・屋根塗装は人の手で行う為、このように複数の目で確認することが大切。お客様に満足いただける基準で住まいの引き渡しをするためには必要な検査です。

 

完工検査中の取組み―対面完工検査―

三和ペイントでは2020年から、お客様と対面で完工検査を実施しています。その目的は、今何を思い、何に対して不安を感じておられるのかキャッチし、塗装工事終了時に満足して頂くためです。ただ検査をするだけではなく、お客様から見えない箇所の写真を撮って分かりやすく現状を説明します。このような取組みの結果として、アンケートに工事専門スタッフの名前とともにお褒めの言葉を頂くことができました。満足を提供するには職人や営業スタッフはもちろん、工事専門スタッフの完工検査も欠かせません。

三和ペイントでは、塗装工事終了後にお客様へアンケートを依頼しています。提案時のご説明から工事終了までの「営業スタッフ」「職人」双方を評価していただいています。このアンケートのコメントが、営業活動や工事期間中のコミュニケーションの改善に繋がります。これからも三和ペイントでは、お客様に満足いただける外壁・屋根の塗装工事の提供に最善を尽くします。

関連するタグ

注目の記事

詳しく見る

松山支店編/家族のような支店

2020.06.26
わたしの支店自慢

文/竹内 佑香(2016年入社) 松山支店自慢は「家族のよう...

詳しく見る

塗料選びに大切なこと―塗料の構成と耐久年数...

2020.06.12
外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装をする際、塗料は専門的な言葉が多く選ぶのに苦戦すると...

詳しく見る

外壁リフォームにおける塗料保証ってなあに?

2020.06.05
外壁塗装・屋根塗装

外壁・屋根塗装を検討する際、塗装工事が終わったあとも、しっか...