リフォームローンを上手に計画して外壁・屋根リフォームをしよう

2020.09.15 14:00

リフォームローンを上手に計画して外壁・屋根リフォームをしよう

リフォーム費用の捻出にリフォームローンの活用を考えている人もいるでしょう。
この記事では、リフォームローンについてと、低金利、無金利での借り方、担保の有無による選び方をまとめました。
これからリフォームローンを利用する予定がある人は参考にしてみて下さい。

リフォームローンとは?

リフォームローンとは、リフォームを目的としたときに利用できるローンです。住宅ローンのリフォーム版ともいえます。
リフォーム工事の相場は50万円~300万円ほどで、戸建て住宅の大規模なリフォームでは1000万円かかる場合もあります。一括で払うには金額が大きくて生活に負担がかかります。そんなときはリフォームローンの活用を考えてみましょう。

リフォームローンの特徴

リフォームローンには、住宅ローンと違った特徴があります。リフォームローンの特徴をまとめましたので、リフォームローンを考えている人は参考にしてみて下さい。

リフォームローンのメリット

・審査のハードルが低い
審査の基準は住宅ローンに比べて低いです。審査項目は住宅ローンとあまり変わらず、借入時の年齢、完済時の年齢、年収、勤続年数などが見られています。
住宅ローンは通らなくても、リフォームローンは通るなんてことがあります。

 

・担保が無くても借りられる
リフォームローンは無担保でも借りられます。住宅ローンの場合は担保が必要ですが、リフォームローンの場合は好きな方を選べるので、ご自身の状況に合わせて選択できます。

 

・無担保型の場合は住宅ローンに比べて手続きが簡素
リフォームローンは無担保でも借りられるので、住宅ローンに比べて手続きに必要な書類が少なく済みます。
担保が必要な住宅ローンやリフォームローンは住宅の担保や保証人の用意が必要なため、手続きの期間自体も長くなりがちです。
手続きがはやく終わるので、住宅に異常を見つけたときに素早くリフォームにとりかかれるのもリフォームローンの特徴です。

リフォームローンのデメリット

・借りられる金額が住宅ローンに比べて低い
無担保のリフォームローンで借りられる金額は、50万円~500万円ほどです。(上限は1000万円くらい)金額が大きくなりすぎないリフォームなら問題ありませんが、大規模なフルリフォームなら住宅ローンのように担保が発生するリフォームローンを使う必要があります。

 

・金利が高い
住宅ローンの金利は1.0%~2.0%ほどなのに対し、リフォームローンの金利相場は2.0%~5.0%ほどと住宅ローンに比べて高いです。
中には低金利、無金利のリフォームローンもありますので、上手く活用していきましょう。

 

・返済期間が短い
住宅ローンは最大35年なのに対し、リフォームローンは無担保の場合、5年~10年程度です。同じ額を借りるのであれば、返済期間が短い方が一回当たりの支払金額が大きくなります。

リフォームローンを無金利、低金利で借りるには?

リフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高いですが、低金利、無金利で借りられることがあります。

金融機関からリフォームローンを借りる場合は2.0%~5.0%ほどの金利がかかりますが、無金利キャンペーンを実施している塗装業者もあります。

このようなサービスを利用していきましょう。

リフォームローンの選び方

リフォームローンを選ぶには、返済額、借入年数を必ず確認しましょう。担保の有無は金利にも影響します。長い目で見てご自身にかかる負担はどれほどのものなのか、考慮しながら選びましょう。

毎月の返済額と借入年数を確認

毎月どれくらい返済するのか、それが何年続くのかは最初に確認しておきましょう。数年間にわたって返済するものですから、その間に何があるのかは分かりません。不慮の事態にも備えられるよう、リフォームローンを借りても、月々の生活が苦しくならない程度に月の支払いを設定しましょう。

担保の有無で選ぶ

リフォームローンは担保の有無が選べます。どちらにもメリットがあるので、ご自身の状況で選びましょう。

 

・ちょっとしたリフォームなら無担保がおすすめ
担保の有無で手続きの煩雑さが変わります。借入額は少なくなりますが、ちょっとしたリフォームなら借入に手間の少ない無担保型のリフォームローンがおすすめです。

 

・大規模リフォームなら有担保型がおすすめ
金利は担保がある方が低くなります。担保にする家や保証人が必要になり、手続きも煩雑かしますが、まとまった額が必要な大きなリフォームならば有担保型にしましょう。

まとめ

担保が無くても借りられるリフォームローンは、手続きも簡素で住宅ローンにくらべて手軽に借りられます。その分金利は高くなりがちですが、専門業者なら低金利、無金利サービスを行っているところもあるので、上手に活用していきましょう。
返済期間は人生設計にもかかわるので、無理をせずにリフォームしていきましょう。

関連するタグ

注目の記事

詳しく見る

ロジカル経営Vol.1「プロスピーカー」(...

2020.10.23
特集

(上記は、リフォーム産業新聞2020年10月26日号掲載 ※...

詳しく見る

外壁・屋根塗装の三和ペイント #アスカツ-...

2020.10.22
特集

もくじ お客様との関わりに元気をもらいます   お客様との関...

詳しく見る

第十四回/株式会社アサンテ ~With―縁...

2020.10.21
With

もくじ 外壁塗装と防蟻(シロアリ対策)。似て非なる事業提携 ...