岐阜支社編/メンバーの関係性がすき

2019.10.05 14:00

岐阜支社編 社員たち

文/伊藤 美登梨(2008 年入社)

私が思う「岐阜支社」の自慢はメンバー全員の関係性がとてもいいところです。そのきっかけの一つが「新卒メンバー」の存在。学ぼうという姿勢が既存メンバーの意識を感化し「責任感」を強くさせたのだと感じます。そして水谷次長、宇野課長が牽引し、成果を創り出す姿をみた新卒にいい影響を与える。メンバー全員が完璧ではないので、チームとして支え合い、互いの成長に結びついているように感じます。

岐阜支社編 社員たち

また、支社の雰囲気も和やかです。池田部長がBGMを流しているのですが、新卒が来てから音楽のジャンルも変わってきているような…。きっと部長が娘さんにリサーチをしているであろう「米津玄師」や「あいみょん」が流れています( 笑)。

池田部長自身のストレートな性格が影響しているのかもしれませんが、素直に言い合える人間関係も居心地いいと感じています。これからも、いい方向に変化をしていく岐阜支社の力になれたらなと思います。

関連するタグ

注目の記事

詳しく見る

2020年度の内定者が決定!

2020.01.17
取り組み

2019年4月26日をもって、2020年度の新卒採用が終了致...

詳しく見る

社内研修「ピットイン研修」

2020.01.14
取り組み

三和ペイントには、「ピットイン研修」があります。この研修では...

詳しく見る

Focus!あの人の頭の中は?-名古屋支店...

2020.01.10
Focus!

当社社員の「ここがすごい! 尊敬する!」にフォーカスし、編集...