高崎支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント高崎支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢の社員が在籍。お客様と地域社会、協力施工パートナーに貢献する!という目標を持って、外壁・屋根塗装のご提案。お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのご相談は、三和ペイント高崎支店まで!

Q返済計画、月々3万円でも大丈夫ですか?【電話問合せ】

高崎支店の重栖です。今回お問合せをいただいたのは、群馬との県境、埼玉県児玉郡上里町のN様から塗装費用についてです。N様はベランダコーキング補修をご自身でもされるほど、お住いのメンテナンス意識が高いお客様でした。ハウスメーカーで建てられ築20年。コーキング割れ、色あせ、一部サイディングボードの反りなど、N様も認めるほど経年劣化が進んでいました。「やっぱりプロとは違いよね!」とご自身で補修経験をされたことがあるだけに塗装リフォームの専門業者任せていただける違いを感じていてくださったようです。塗装業者各社が訪れる中で当社にご縁をいただいた決め手が2つ。一つはスタッフの誠実さでした。奥様が営業職をされていることもあり、人が大切と思っていてくださったようです。自社製品・サービスを売り込みのではなく、お客さまが将来どのような住まわれたいかを丁寧にお聞きしたことが良かったと施工後お褒めをいただきました。2つ目は「支払いの選択肢」です。ご家庭によって様々な資金調達がある中で、N様のニーズは「10年で月々3万円で返済計画ができる費用目安」とのことでした。三和ペイントはリフォームローンを備えており、タイミングも良かったのですが「無金利キャンペーン」ということで、手数料の負担が無いことなどでご希望の返済計画を叶えることができました。 商談をしているとお客様から「どこの業者に頼めば良いか分からない」と多くご質問をいただきます。もちろんサービスの充実も必要ですが、改めて「人」として信用をいただくためにどう行動するかが大切だと感じました。お客様の言葉に耳を傾ける。そして言葉遣い、敷地にお邪魔するからこそ、都度の許可(確認)への気遣いなど、これからも丁寧な商談を心掛けてまいります。

担当スタッフ重栖広希
職歴重栖広希

Q提案を断ってもいいですか?【電話問合せ】

高崎支店の廣瀬です。群馬県の南部、景観法に基づく県内初の景観行政団体でもある伊勢崎市に、40年以上暮らされているM様からのお問合せです。M様は70歳を迎え、お住いのコトを色々思案されていたそうです。娘様と一緒に暮らすうえで、「やはり後10年!」と思い、塗装リフォームを決断されたそうです。M様もおしゃっていましたが、やはり築40年を超えると、傷みが進み防水機能を果たはずの塗料が剥離していたり、壁に亀裂が入り構造部分が露出するなど、明らかに補修が必要な状態でした。先延ばしになっていたのが「たくさん業者は来るがどこに頼めば良いのか?」でした。多くの業者が様々な情報提供をしてくる。「正直うんざり」という状態だったそうです。ご縁をいただくきっかけはお電話で「色々聞きたい。ちゃんと聞いて判断して断ってもいいだよね!」でした。ご年齢もあり、ゆっくり時間をかけて打合せをさせていただきました。将来のこと、補修の仕方、費用のことなど、ご納得いただくまでご説明をさせていただいたのが、信頼をいただく要因となったのだと思います。今回は和風のお宅でしたが、亀裂の補修方法 玄関先の木の柱の補修も含めて施工させていただきました。外壁塗装リフォームは約10年が目安と言います。もちろん外壁材によってかわりますが、防水機能を保ち、構造体を守るのが役割です。土地の環境で劣化も違いますが、何よりそのお住いでどう暮らしたいか?お客様のニーズが大切だと、今回のM様とご縁をいただき感じました。まずはお客様のニーズを聞くことに注力し、TPOに合わせた塗装リフォームに努めてまいります。

担当スタッフ
職歴廣瀬史弥

Q塗料のグレードでどのくらいの費用がかわるの? 【通常営業】

外壁塗装の三和ペイント、高崎支店の西江です。今回は群馬県伊勢崎市にお住まいのK様邸からのお問合せです。弊社から電話で外壁と屋根についてお困りがないかヒアリングをさせていただいた際、ご主人様は外壁と軒天の傷み、奥様は破風板の付帯物とそれぞれ傷みが気になる箇所が違いました。実際に現場訪問させていただき、気になる部分をK様ご夫妻と一緒に建物の廻りを見て回り現状の傷みを目視確認と、触手で点検を行いました。外壁においては手に粉がつくチョーキングとよばれる傷みの症状が見受けられました。築20年ほどのお住まいでしたので年数経過による劣化箇所が多く、補修や塗り替えの必要性があるとお伝えし外壁の塗装リフォームの工程など詳細をご説明させていただきました。その際、K様ご夫妻が実際に外壁や付帯物を塗装するとなると足場代や塗料のグレードによって差額がどのくらい違うのかご質問を受けましたので費用面についても塗料のグレードの組み合わせごとに費用の違いを簡単なお見積りにしてお見せしながらお伝えさせていただきました。費用面でK様ご夫妻のご要望を伺うと1回のリフォームで長持ちさせてメンテナンスする回数を減らしたいとのことでしたので、コストパフォーマンスのよい高耐久性の弊社塗料である高い品質を持ち合わせたMUKIフッ素塗料をご提案させていただきました。最終的にK様ご夫妻のニーズと合いご理解とご安心をいただきご縁をいただくことになりました。今回のK様のお問合せで屋根壁の塗装を考えるきっかけは必ずしも外壁だけではなく付帯物の傷みからリフォームを検討しておられる方が多くいらっしゃることを再認識いたしました。今後もお客様に寄り添ったご提案をしていきたいと改めて思いました。

担当スタッフ西江 郁弥
職歴