静岡支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント静岡支店のスタッフは、静岡市内出身のスタッフが数多く在籍。お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント静岡支店まで!

Q外壁の傷みごとにどういった施工と費用がかかりますか?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の増田です。静岡県を流れる一級河川に指定された大井川が中心を流れる島田市にお住まいのK様邸についてです。弊社よりお電話させていただきK様に外壁・屋根に関してお困りはないかお尋ねしたところ、築20年もなるのでそろそろ塗装を考えておられるとのことでした。とくに外壁のカビ・色あせの傷みを気にされておられました。実際に現地調査をさせていただいたところ、年数経過による外壁の色あせが見受けられ、北側面にはカビが発生しておりました。K様と一緒に外壁の傷みを見ているときに何点かご質問をいただきました。弊社が塗装工事に使用する「関西ペイントとタイアップした塗料とはどんな塗料?」「施工工程はどんな流れで進めるの?」「今回の傷み具合ではどれくらいの金額になるの?」のご質問に対してご納得いただけるようにお話させていただきました。塗料については創業時より塗料業界大手メーカーの関西ペイント様と共同開発した高品質塗料でお客様にご満足いただける品質のものになります。施工工程については足場設置から各工程について詳しくお伝えし。金額面については開口部を除いた外壁部分から算出することやその他付帯物の塗装など費用がかかる項目を一つ一つご説明させていただきました。K様が疑問に思っていらしたお悩みに対して真摯に向き合い信頼と安心を持っていただき施工をお任せいただけることとなりました。お客様の大切なお住まいが、塗装工事が進むにつれて新築のようになっていく様子は見ていてワクワクしました。塗装工事終了後には近隣の皆様からも「綺麗になったね」とお声をいただきK様からも「綺麗になったし三和さんに安心して任せることができたよ」とお声をいただき本当にご縁をいただけて嬉しかったです。今後もお客様に寄り添ったご提案をしていきたいと思います。

担当スタッフ増田 哲也
職歴

Q現地調査で適切な塗料とカラーをご提案いたします。外壁や屋根のことでお悩みなら静岡支店浅倉まで!【直接ご訪問】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の浅倉です。今回は静岡県は伊豆市にある築30年のM様邸のお住まい。近隣で弊社が担当している外壁塗装工事の現場がありましたの挨拶周りを兼ねてお訪ねさせていただきました。M様邸は地元工務店で建てられ立派な洋風のお住まい。こよなく現地調査を引き受けてくださり、家回りを拝見させていただきました。お住まいは年数経過による色あせの劣化が見受けられました。もともと傷みが出てきていることをM様も承知されておられました。お悩みなどをお伺いすると「塗装できる箇所とできない箇所があるのか?」「三和ペイントで使用する塗料はどういったものか?」をご質問されましたのでお住まいを見ながら丁寧にご説明させていただきました。また塗料品質のグレードや色選びなどお住まいの状態と色合いから適した塗料とカラーをご提案させていただきました。M様は弊社の充実したサービスと塗装後のアフターフォロー、塗料保証があることに安心されご理解とご納得をいただき塗装工事をお任せいただくことになりました。今回M様との出会いでまだまだお住まいを大事に長く保たせて住んでいきたい思いが強く伝わってきましたので担当者としてしっかりとアフター点検をして守っていきたいと思いました。塗装後からお客様との本当のお付き合いが始まりますので今後ともよろしくお願いいたします。

担当スタッフ浅倉 常嘉
職歴

Q自宅で教室をひらいているけれど塗装工事をしても大丈夫?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の伊藤です。静岡県静岡市の築18年になるW様邸についてです。W様とは前回お声がけさせていただいてから2度目のお電話をさせていただきまして改めて外壁塗装に関するお悩みがないかお尋ねさせていただきました。年数が経つにつれて外壁・屋根の色あせが気になっているとのことでしたのでご訪問させていただく機会をいただき現地調査させていただきました。W様邸は外壁の仕様がモルタル外壁と金属壁を使用されているお住まいで、これまで塗装のメンテナンスをされていないとのことでしたので年数経過による色あせの傷みがはっきりとわかるほど劣化しておりました。外壁材には平成初期頃まで主流であったモルタル外壁をはじめ、金属系、窯業系のものがあります。W様邸ではモルタル外壁を使用されていますが、このまま傷みを放っておくと屋根・壁の防水効果が落ちて雨漏りや建物への浸水が起こり大きな傷みが出る可能性が高い状態でした。W様邸はご自宅で教室をひらいておられ生徒の出入りがあるため塗装工事をしても大丈夫かどうか心配されておられました。そのため次のように回答させていただきました。教室の入口付近に足場を設置いたしますが教室からの出入りなどはしっかり安全を確保した上で進めますのでご安心くださいということと、作業中の騒音について近隣への配慮はもちろん、できる限り注意しながら施工させていただきますとお伝えさせていただきました。さらに塗装工事中に何かご迷惑となることやご心配ごとがあれば遠慮なくいつでもお声がけくださいともお伝えさせていただきW様にご安心していただきました。施工手順として年数経過による外壁の劣化の補修については高圧洗浄後に傷みを再確認し、ひび割れなどがある箇所は隙間を塞ぎ下地補修を行います。次に塗料の密着性を高めるためにケレン作業を行っていきます。そのあと塗装工事をしていく流れになることをご説明させていただきました。今回のようにご縁をいただき施工させていただく施主様はもちろんの事、隣家はもちろんのこと、ご近所様へも目を向けご迷惑をかけないように心がけることが大切だとあらためて実感いたしました。さいごに何事もなく無事作業が終わり施工後の挨拶の時にW様より「綺麗になってよかった!」と言っていただき安心いたしました。自身の今後の活動の励みになると共に細心の注意をいつも意識して行動することを心がけて現場管理をさせていただこうと思いました。

担当スタッフ伊藤 瞭
職歴
全10ページ