静岡支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント静岡支店のスタッフは、静岡市内出身のスタッフが数多く在籍。お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント静岡支店まで!

Q外壁の傷みごとにどういった施工と費用がかかりますか?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の増田です。静岡県を流れる一級河川に指定された大井川が中心を流れる島田市にお住まいのK様邸についてです。弊社よりお電話させていただきK様に外壁・屋根に関してお困りはないかお尋ねしたところ、築20年もなるのでそろそろ塗装を考えておられるとのことでした。とくに外壁のカビ・色あせの傷みを気にされておられました。実際に現地調査をさせていただいたところ、年数経過による外壁の色あせが見受けられ、北側面にはカビが発生しておりました。K様と一緒に外壁の傷みを見ているときに何点かご質問をいただきました。弊社が塗装工事に使用する「関西ペイントとタイアップした塗料とはどんな塗料?」「施工工程はどんな流れで進めるの?」「今回の傷み具合ではどれくらいの金額になるの?」のご質問に対してご納得いただけるようにお話させていただきました。塗料については創業時より塗料業界大手メーカーの関西ペイント様と共同開発した高品質塗料でお客様にご満足いただける品質のものになります。施工工程については足場設置から各工程について詳しくお伝えし。金額面については開口部を除いた外壁部分から算出することやその他付帯物の塗装など費用がかかる項目を一つ一つご説明させていただきました。K様が疑問に思っていらしたお悩みに対して真摯に向き合い信頼と安心を持っていただき施工をお任せいただけることとなりました。お客様の大切なお住まいが、塗装工事が進むにつれて新築のようになっていく様子は見ていてワクワクしました。塗装工事終了後には近隣の皆様からも「綺麗になったね」とお声をいただきK様からも「綺麗になったし三和さんに安心して任せることができたよ」とお声をいただき本当にご縁をいただけて嬉しかったです。今後もお客様に寄り添ったご提案をしていきたいと思います。

担当スタッフ増田 哲也
職歴

Q何でも相談できる雰囲気づくりでお客様のお悩みをすべて解消!【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の三浦です。今回は山梨県にある日本を代表するリゾートタウン富士河口湖町にお住まいのT様邸でのお話です。外壁についてお話を聞かせていただいたところ地元工務店で建てられた築30年の戸建住宅で一部増築していたり、リフォームを数年前にされておりましたが外壁の塗装は一度もしておらず大変気にされておられました。塗装自体は地元の塗装会社のチラシなどでいつかはしないといけないと気にかけておられました。実際に現地調査をさせていただいたところ、T様ご自身で増築後の補修と1階の戸袋の塗装や小さなひび割れの補修はされておりました。ただ外壁は未塗装だったため全体的に細かい亀裂が入った傷みが見受けられました。T様からの質問に「うちは古くて一度も塗装していないし亀裂もかなりでているので大丈夫ですか?」「庭に倉庫があるし、木のベンチ、タイヤ、花など物がたくさんあるけど移動してくれるの?手伝うことはある?」と聞かれましたので次のようにお答えさせていただきました。亀裂については外壁の下塗りを塗る前にコーキングを使い亀裂をすべて隙間を埋めていきます。注意点として塗装後に補修跡が目立たないように薄く亀裂の隙間に埋めていくのがポイントです。周辺物については移動に関してはすべて私と施工パートナーで行います。施主様はご指示いただけるだけで大丈夫です。施工後の現状復帰と破損などの確認のため事前に写真を撮影させていただきます。T様は弊社の施工手順などご納得いただき最終的にご縁をいただくことができました。初めて塗装されるお客様はご夫婦共に疑問に感じている事が多い傾向にあります。ですので難しい言葉を使っても理解しずらいと思いますので、わかりやすい言葉を選び丁寧に説明することが大切だと実感いたしました。また塗装工事中は施主様に普段通りの生活をして頂きたいので思っていることなど何でも相談できる雰囲気づくりを心がけ不安解消するように努めさせていただきました。今後もお客様に寄り添ったご提案をしていきたいと思います。

担当スタッフ三浦 太佑
職歴

Qお客様のお悩み解決はもちろん、気づいていない傷みをすべてお伝えし問題解決する【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、静岡支店の相田です。世界文化遺産に登録されている富士山を有する静岡県富士宮市にお住まいのS様邸についてです。S様邸は地元工務店で建てられた築17年の立派な洋風戸建住宅でした。お電話にてS様に外壁塗装でお困りのことをお聞きすると、年数経過による色あせやサイディングボードの欠け、コーキングの劣化を気にされておりました。塗装工事をするタイミングだと気づいていらっしゃいましたがどこに依頼していいかわからないためそのまま何もしない状態が続いていたとのことでした。実際に傷み具合を見てほしいということで現地調査をさせていただきました。外壁を拝見するとお聞きしたとおり色あせが目立っておりました。また状態は外壁の防水効果が低くなっており水の吸い込みが見受けられました。さらにサイディングボードの一部に欠けがあったり、コーキングにひび割れなど劣化が進行しておりました。S様から「傷みがかなり進行しているのが気になっているが耐久性が大丈夫ですか?」とご質問をいただきましたので、どのように補修をするかを回答させていただきました。大きな傷みがあればその傷みの箇所を補修した上で下塗り作業を行います。小さな傷みであれば、今回ご提案させて頂く下塗り材は傷んだ外壁の再生強化を行う下塗り材となっておりますので耐久性に心配はございません。また、コーキングについては現在コーキングがされている箇所すべてに増し打ちか打ち直しを行いますのでこちらもご心配ございません。S様は補修についての疑問点の解決と弊社の施工後のアフターサービスにご納得いただき施工をお任せいただけることになりました。今回のご提案でお客様がどんな事に不安を抱いているのか、細かな部分までヒアリングし不安を解消してあげることで、とても安心していただけること。私共は塗装工事のプロとしてお客様からお聞きしたお悩みだけではなく、お客様がその時気付いていなかった傷みなどに対しても、これまで現場調査で実績を積み上げてきた経験から細かにわかりやすく説明し、今後想定される外壁・屋根の痛みや不安要素を取り除く事で、気持ちよく、安心して施工を任せて頂けるのだと再認識いたしました。

担当スタッフ相田 公雄
職歴