スタッフ紹介vol.2 -永田龍彦- 三和ペイント札幌支店

永田龍彦

こんにちは!外壁塗装の三和ペイント、札幌支店です!

今回ご紹介する札幌支店のメンバーは、永田 龍彦(ながた たつひこ)さんです! 永田さんは社会人経験後、北海道大学へ進学、大学卒業後の2021年に札幌支店に入社しました。

間もなく入社2年目ですが、物腰が柔らかく、笑顔が素敵な方で、お客様からもご好評いただいております。

好きな食べ物が、永田さんのお母様が作る「甘口の卵焼き」とのことで、特に外勤で疲れてくたくたになって帰った日に食べると、体の芯まで染み渡り、疲れが吹っ飛んでいくそうです! そんなお母さま思いの永田さんにインタビューしてきました!

入社したきっかけを教えてください

北海道大学卒業間近での就職活動中、三和ペイント㈱札幌支店の求人へ応募した日と同じ日にすぐ、本社の人事部の方から面接設定の連絡が来ましたので、『人材を大事にしている会社』だな、という第一印象を持ちました。

面接のとき、札幌支店の廣田さんが面接官でした。面接の最後、僕が「営業職は未経験なのですが、会社に貢献するために必要な資質はありますか?」と質問したところ、廣田さんは「”素直さ”と”根性”」と言っていました。

三和ペイントが必要とする資質と、僕の母の教えである「人として常に『素直』であることを心掛けなさい」「男として生まれたからには、最後は『根性』が大事」 という2つの価値観が一致し、面接したその場で入社を決意しました。

三和ペイントに勤めて、初めてのお客様とのエピソードを教えてください

一番最初のお客様は、入社2週目で初めて、最後までお電話で会話できた「屋根の再塗装」をお考えのお客様でした。

それまではお電話しても塗装をお考えの方があまりいらっしゃらず、お話をあまり聞いていただけなかったので、その方と会話が続き、とても安堵しました。

お電話の後、幸いにもご契約いただき、改めてお客様のところへご挨拶に伺った時に、「永田さんから電話をいただいたとき、『屋根の塗装をしないといけないな』と思っていたタイミングだったから、電話してもらって良かったよ」と言っていただいた瞬間、「僕がやっている仕事というのは、『1軒でも多く縁を作っていく』ということ。これが、僕がこれからしっかりとやり続けていく仕事なんだ」と、実際に理解できた瞬間でした。

その後、新人教育してくださった札幌支店の佐藤さんや、現場に携わっていただいた職人さんに、工事の詳細や細々とした仕事のやり方も教わることができ、大変勉強になりました。工事の最後、お客様・職人さん・僕の3者で完工検査を無事に終えた後、お客様より「塗装をして本当にきれいになりました。ありがとう」と言っていただくことができました。

最初の現場でしたが、「すべてが良い流れで仕事できた」と実感することができました。 三和ペイントでの、すべての仕事の原点となった、思い入れの深い現場となりました。

外壁・屋根塗装を考えているお客様へのメッセージ

『家のお手入れに向き合う』ということは、『自分の家族・人生に向き合う』ことだと思っています。なので、『家のお手入れに向き合おう』と考えると同時に、『自分の家族・人生に向き合う』こともできる良いタイミングだと思います。

家をお手入れさせていただくのは勿論ですが、塗装によってご家族様が良い方向に進むきっかけとなる、最高の塗装を提案していきたいと思っておりますので、塗装をお考えの方は是非一度、三和ペイントへご相談ください。

札幌支店の施工実績はコチラ
https://www.sanwa-paint.jp/resultsearch/cat-1/

施工経験者900人の声!「知りたい塗装10のこと」資料請求はコチラ
https://www.sanwa-paint.jp/brochure/

30秒でわかる!簡単Web見積もりはコチラ
https://www.sanwa-paint.jp/form-org2/

X
営業なし無料の「訪問ざっくり見積もり」
↑