大阪支社に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント大阪支社のスタッフは、20代の若手社員が多く在籍。お客様に寄り添ったヒアリングとご提案を実施いたします!お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント大阪支社まで!

Q塗装リフォームは経験済み。でも目地の工事には種類があるの?【電話問合せ】

大阪支社の奥です。今回は奈良県大和高田市にお住まいのM様に私からお電話させていただいた件です。大和高田市は南北に葛城川と高田川が流れ、古墳が多く群棲。脈々と人が住み歴史を刻む土地でもあります。外壁や屋根の傷みについて地域に伺い調査する機会があったのですが、中でも立派なお住まいが目に留まりました。経年劣化による建材の傷みなど明らかに症状があり、そろそろ防水機能を回復しないとよくよく大変な改修になるかもしれない。思い切ってM様にご連絡しその旨をお伝えいたしました。お電話口でM様も経年劣化での外壁塗装を検討中ということでした。直ぐに伺わせていただきしっかりとした点検をさせていただきました。特に目地の傷みが激しく対応に悩まれておりました。ご縁をいただき改修工事をさせていただきましたが、特に目地の交換・増し打ちをしっかり行いました。意外と忘れがちな窓回りもコーキングを撤去するのではなく、増し打ちをしてより強度を高くし施工させていただきました。M様は以前のお住まいでも塗装を経験があり、改修工事にしっかりとしたお考えがありました。そしてお住まいに対しての思い入れや愛が、施工期間中でもビンビン伝わる方でした。私自身塗装の工程が進んでいくのを見て、M様の気持ちに共感し、完工した時には感動しました。施主様の不安を解決できたこと、何より住まいを大切にする気持ちに触れることができ良かったです。

担当スタッフ奥 洸平
職歴

Q断っても大丈夫?たくさん業者さんがいて分からないからとにかく話だけ【電話問合せ】

大阪支社の内村です。今回は奈良県田原本町、「唐古・鍵遺跡」など歴史文化が薫る街にお住まいのS様からのお問合せです。お住まいを建てられ約15年ほど経過。そろそろメンテナンスの時期かな!?と感じられていたS様。「初めての外壁塗装リフォームで、どのようの業者を選んだらよいものか?」と悩まれていたそうです。 業者の基準が分からないから断るかもしれないが一度話を聞いてみたいということで現地調査に伺いました。点検させていただき、黒ずみ、目地のシールの割れなどを確認させていただきました。築15年程度で見られる一般的な症状でした。緊急性は無いものの、メンテナンスの必要性を感じられていたS様に、当社に無いにしろ業者選定で3つの選ぶポイントを説明させていただきました。 1つ目は一番大事な下塗り材をどんな塗料を使っているのか。2つ目は塗って終わりではなくしっかり手厚いアフターサポートがあるのか。3つ目は会社の実績や、組織体制はしっかりしているかです。 当社については1は関西ペイントと共同開発した高品質塗料である。2つめは施工後のアフター無料点検が10年までついている。3つめは、累計25000棟以上の実績はもちろん、職人だけでなく品質管理部など組織体制をしっかり整備している点がご評価いただきました。 結果塗装工事をお任せくださいましたのでしっかりとお客様のご要望に沿った工事をさせてもらいました。三和ペイントさんに頼んでよかったというすごくうれしいお言葉もいただきました。これからも塗装工事を通じてお客様に生活をより豊かにして頂けるように精一杯努めていこうと思います。

担当スタッフ内村孝徳
職歴

Q相見積もりした業者の言うことがバラバラで不安【電話受付】

大阪支社の前田です。奈良県は王寺町にお住いのK様からいただいたご相談です。築30年の地元工務店で建てられたお住まい。お電話口で塗装会社の比較するポイントや、具体的な工事期間についての不安が伝わってきました。まずは見積りが欲しいとのことですが、当社ではお電話口でお見積りを作成することはせず、きちんと現地調査にて点検をさせていただきながらお住まいの状態を確認させていただいております。実際に点検させていただくと、壁材の剥離、苔や黒ずみが目立ちお手入れのタイミングであると見た目でも判断がつきました。詳しくお話を聞かせていただくと、築10年のときに塗装を経験されていました。1度目は旧塗膜がセラミック塗料を使用されたのこと。実はセラミック塗料というものは無く、正式にはセラミックが配合された塗料のことです。とても耐久性が高いもので、しっかりメンテナンスを考えての選択をされたのだとおもいました。セラミック配合塗料は、素材の特徴を活かしたマットな仕上がりになり、ツルツル滑らかな塗膜な塗料と比べ一般的には汚れはつきやすく、汚れが目立ちやすいなどの症状もあります。また素材が固いなどの特徴もあり、今回のご提案では、しっかりと密着させる弾力性のある下塗り塗料を使うことが、しっかりと長期で長持ちさせることに繋がるので、そのような内容を盛り込ませていただきました。数社から相見積もりをされたようですが、その1社からは「工事期間が約一か月程度かかります」と言われたそうです。工事期間中は庭に洗濯を干すこともかないませんので不安に感じられていたそうです。当社は必要以上に工事期間を長く延ばさないためにも、職人は必ず毎日2人以上で作業に入ることや、関西ペイントとコラボして製造するオリジナル塗料「グランコート」は、乾きやすい特徴ある塗料であるとご説明もさせていただきました。すると施主様に塗料の性能や、工事期間でご安心いただけたようで、ご縁をいただき工事することになりました。お客様には多くの業者の方に相見積もりされる方もいらっしゃいます。誠実に対応する方もいれば、曖昧に回答しお客様を不安にさせる業者もいる事を知りました。改めて自分の仕事において、塗装専門会社であること。お客様の最善の問題解決パートナーに努める事。そして何より丁寧で分かりやすいご説明を突き詰めるためにもっとスキルを磨かねばと、身の引き締まる思いでした。

担当スタッフ前田紫苑
職歴