水戸支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント水戸支店のスタッフは、茨城県出身のスタッフが多数在籍。また、工事管理課も在籍しておりますので、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント水戸支店まで!

Q金額のかかる工事なのでカラーリングで妥協したくない【電話問い合わせ】

外壁塗装の三和ペイント、水戸支店の小川です。国営ひたち海浜公園をはじめとしたとても豊かな自然に囲まれた茨城県ひたちなか市、東京都からも1時間程度の所に構えており、多くの観光客も訪れる地域です。そんなひたちなか市にお住まいのI様、前回の塗装から15年が経過しており、チョーキング現象(外壁の劣化により触れると手に粉がつく状態)が発生しているほか、外壁の亀裂も目立ち始めたとのことで弊社からのお電話にてお話しさせて頂きました。実際に現地で外壁の点検をしてみるとモルタル外壁を使ったお住まいだったため亀裂は多くありましたが、定期的な外壁メンテナンスもされておられたので外壁塗装でカバーできないような大きな傷みはありませんでした。
お客様とお話をさせて頂いたところ、今後も大切にしていく家なので耐久性の高い塗料で長く守っていきたいとのこと、また大きな金額をかけて外壁メンテナンスをするので色に関しては妥協したくない、しっかり相談に乗ってくれる業者を選びたいとのことでした。そのため耐久性に関しては『商品』×『工法』という形で耐久性を担保するご提案をさせて頂きました。外壁塗料に関しては現在流通している塗料の中でも最も耐久性の高いMUKIフッソのご提案をさせて頂きました。関西ペイントのMUKIフッソは非常に耐久性が高いことが特徴の塗料です。また、工法に関してはモルタル外壁の下地強化と防水力を高める手段として下塗り作業を2回行うことで耐久力を担保する工法をご提案させて頂きました。色に関しては完成形の色のイメージに近いお住まいを実際にお客様と一緒に見ることで完成形を共有しました。予算の兼ね合いもあり最初は屋根の色を妥協する方向でした。ただ商談を進めていく中でお客様がカラーリングに関してとても強いこだわりを持っていると感じたため、希望の色で背中を押すご提案をさせて頂きました。金額は上がってしまいましたが、契約後には『一緒に時間をかけて色を考えてくれてありがとう、妥協せずに済んだよ』とお言葉を頂きました。

担当スタッフ小川健介
職歴

Q安ければよい?コーキング補修の重要性【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、水戸支店の小川です。茨城県日立市は南北に大きく伸びた海岸線があり、夏場には6箇所の海水浴場が賑わいます。土地柄海の風の影響を受け、季節によって暴風も多くお住まいのメンテナンスにも注意が必要です。今回お問合せをいただきましたK様。まさにそんな土地柄でのお悩み案件でした。K様のお住まいは築23年で、一度お知り合いの業者さんに頼まれ、価格重視の選択をその時はされたそうです。今回「前回の外壁塗装から10年以上経過し、外壁の傷みが目につくようになった。また一部コーキングが剥がれてきている場所がある」とK様からご連絡いただき、現地調査、点検を実施させていただきました。お伺いすると、前回外壁塗装メンテナンスをされたとは思えない状態でした。ただの経年劣化ではなく、コーキングが剥がれている箇所が多数、ほとんどが防水の機能(役目)を果たしていない状態でした。そのためサイディングボードも大きく傷んでしまっていました。よく見ると前回の外壁塗装で、コーキングは打替え・増し打ちが一切なく、新しいコーキングを既存のコーキングの上に数ミリ重ねただけの施工状態でした。外壁の建材としてサイディングボードにはコーキングがとても大切なものです。家屋を雨水から守る防水機能だけでなく、地震などの揺れに対してその弾力性で外壁を傷みから守る役割などもあります。基本、外壁工事においてセットでコーキングのメンテナンスも行うものです。土地柄、海からの風の影響も受けやすく、コーキングなどの経年劣化も他の土地よりは早く傷むことがあります。外壁メンテナンスにおいて、塗るだけでなく、コーキングの重要性を改めて訴求する案件となりました。

担当スタッフ小川健介
職歴

QALCの外壁にヒビが!どう補修しらよいですか?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、水戸支店の小川です。今回お問合せいただきました、水戸 市在住のK様。築25年で傷みがあきらかな状態でご連絡いただきました。「前回の塗 装から十数年経過しています。チョーキングがあり、ALCの外壁なのですがにヒビが 入っています」とK様。早速現地調査、点検に伺いました。雨が降っている日が初訪 でしたが、壁に水が染みている状態で塗装の防水機能があきらかに弱っている状態で した。そろそろメンテナンスが必要と感じていただいていたのですが「ALCがどのよ うな建材なのか?」ご質問をいただきました。ALCは長期間使用できると言われてい る優秀な建材です。ただし、長持ちさせるためには定期的な塗装が必須です。ALC自 体に防水性はなく、塗装することで防水性を備えます。ALCの主成分はセメントでか つ無数の気泡でできる建材です。防水が切れたALCは雨水は湿気を吸い込みやすいと いう特徴があります。経年劣化による亀裂や欠損も確認できるので、塗装メンテナン スを定期的に検討した方がよいです。また今回のK様の場合、下地の補修と建材の防 水力を高めることがとても大切な工程になります。本当に良い質の下地材(当社の OEM塗料「グランコート」)を使った塗装リフォームをご提案させていただきまし た。ALCのサンプルを使いながら説明させて頂き、特に気にされていたALC建材の実物 をみていただいたことで、お客様のご理解を深めることができ、ご主人様・奥様から お褒めの言葉を頂き嬉しく思いました。実物を使っての説明、2wayでの説明の重要性 を再認識した案件になりました。

担当スタッフ小川健介
職歴