神戸支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント神戸支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。お客様に寄り添ったヒアリングとご提案を実施いたします!お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント神戸支店まで!

Q塗料、1色でなくて2色でも工事可能?【近隣紹介】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の平井です。神戸市北区は当社の施行実績が多いエリアです。神戸電鉄の沿線から広がった都市開発は、兵庫県でも屈指のベットタウンとしても有名です。今回お問合せいただきましたT様。住友林業で建てられた築20年のお住いでした。「近所で三和さんが塗装工事されていて気になっていたのよ!」とT様からお声がけをいただいたのですが、様々な塗装業社の研究をした結果当社に最終お問合せをいただいたようです。T様は「塗装リフォームか、建て替えか」を悩んでおられたようです。しかし、塗装で気分を変えることができると知っていただき、具体的な塗装リフォームの検討をすることになりました。塗料の質、アフターサービスについてご理解とご納得をいただき施工を進めてまいりました。また塗装の色についても興味があり、ご契約の際はこだわり抜いて1色で決めていましたが、改めて後日、娘様とも相談してツートン(2色)に変更したいと連絡がありました。帯の無いタイプのお住まい様で通常ではあまりツートンに施工することが無いタイプの建物です。またタイル柄のボードでしたので、もともとの柄を活かしてツートンに出来ないかなどご相談をいただきました。お打合せの際、計測の際にコピーした図面に書き込んでお伺いさせていただきました。基本ツートン(2色)ですと1階と2階で色分けで色を同系色の濃いものを1階に薄いものを2階に選ぶのをご提案することが多いのですが、今回は変則的な色分けでツートンの色のご要望がありました。濃い方のラインナップの中から違う系統の色の2色でした。結果、お客様のご希望の2色での施工となりましたが、塗料を発注していざ施工してからの変更はできない為、板見本を使い少しでも仕上がりをイメージして頂けるように見比べて決めてもらいました。ご安心をいただきました。無事施工も終了してお住まいをぐるり拝見した際に、このツートンの組み合わせでの仕上がりは思っていた以上に良い感じでお客様にも喜んでいただきホッとしています。基本となる色の組み合わせは当然あるのですが、主張の強い色を組合せる施工は私としても初めのことで思い出深い案件になりました。ぜひ色に悩まれた時は、神戸支店にご相談ください。

担当スタッフ平井一則
職歴

Qモニエル瓦専用のスラリー強化工法とは【顧客様リピート】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の三浦です。兵庫県三田市は山間の自然豊かな地域です。大阪など都心部への足として宝塚線、福知山線があり利便性の高く、区画整備された土地が整っており田園都市として人気があるエリアです。今回お問合せをいただいたK様は地元工務店様で建てられた築25年のお住まい。K様邸は当社で11年前に1回目の塗装工事を施行させていただいた顧客様です。年数が経ち10年目のアフター点検を終えたところで「屋根が気になって」とご相談を受けました。K様邸の屋根はモニエル瓦ですが「普通のペンキを塗ったらいけないの?」と塗料に関するご質問を受けました。モニエル瓦は別名でいうと「乾式コンクリート瓦」と呼ばれており表面に特殊なスラリー層という層を含んだものになります。このスラリー層がある事により通常市販されている屋根用のペンキを塗ると劣化したスラリー層では密着性が弱く塗膜がしっかり固定されないため塗ってすぐは綺麗に見えても年数経過とともに塗膜ごと剥がれたり色あせが起こりやすく早期傷みの発生の原因となる事が多いと言われております。ですので当社ではスラリー強化工法というモニエル瓦専用の高耐久で高品質な塗料と塗装工法で保証付きで施工して仕上げていきます。また塗装後の無料点検のアフターサポートを実施させて頂いております」とご説明をさせていただきました。K様は「なるほどWebで調べてそのようなことが書いていたけど、やっぱり担当者から聞くのとでは違うわね!」とご理解と弊社の施工方法にご関心をいただきました。改めて2回目となるリピートのお客様の塗装工事の施行をお預かりすることになりました。お客様に知識だけをお伝えするのはインターネットでも調べることができますし、外壁塗装のプロの担当者として塗装に関する知識や技術だけではなく、お客様の未来の安心までご提案し満足を届けることが私達の価値だとあらためて感じた案件となりました。

担当スタッフ三浦隼希
職歴

Qドローン屋根点検って本当ですか?【顧客様リピート】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の三浦です。兵庫県神戸市中央区にある築25年のお住まい。地元工務店様で建てられたF様邸は「他社から屋根の傷みの指摘や塗装に関する案内を受けたのがきっかけでそろそろ塗装のメンテナンスが必要なのだな」と検討されておられました。屋根は見通しの良い立地に建てられており、少し離れた場所からでも屋根の色褪せが分かる傷みの状態でした。F様は「傷みのレベルを知りたい!」とご質問をいただきました。理由をお伺いすると、2~3年前にご近所で外壁と屋根の塗装していた業者の職人さんから直接訪問された際に屋根の傷みのご指摘を受け、唐突のご訪問だったので費用や条件が合わずお断りしたとのことです。その後お断りしたにも関わらず何度も専門業者による営業に来られ少し営業に対して不安や怖い想いをした経験がおありでした。弊社では一度塗装をいただいた顧客様のF様でしたので、10年目の点検としてドローンパイロットでもある私がドローンを使用した無料の屋根点検を担当させていただきました。ドローン点検のメリットは普段見えにくい屋根の隅々まで短時間で点検できるという点が一つ。実際にドローンを飛ばしながらお客様とリアルタイムの映像が見えるモニターで気になる傷みの状態を確認できる点です。今回の外壁、屋根の無料点検も5分程度でしっかり隅々まで確認させていただきました。F様へはモニター画面を見ていただきながら「ここの箇所は色あせがはげしいですね」といった具合にご自身の目でご確認いただきドローン点検を進めさせていただきました。ドローンでは同時に写真撮影も可能ですので写真を拡大して瓦に細かいひび割れがないかや地上からだと見にくい箇所に傷みや問題が発生してないかも確認いただけます。F様は想っている以上に細かくチェックできたこともあり現状の傷み状況にご納得されました。また今は小さな傷みであっても年数経過による劣化が進行すればさらに大きな傷みとなり防水効果が落ちて雨漏りの発生など補修費用が高くつく可能性があるため、できるだけ早めのメンテナンスが防水効果を維持し、なおかつ美観的にも有効だとご理解いただき10年目でのリピート塗装工事をお預かりさせていただくことになりました。今回2回目の塗装とはいえ、知らない業者に大事なお住まいを任せるのはとても勇気のいることです。逆に一度依頼した事のある専門業者にもう一度依頼するという事はそれだけ期待していただいていることだと認識しております。責任を持って前回の施工よりもさらに満足をご提供する必要があると心を引き締めた案件でもありました。

担当スタッフ三浦隼希
職歴