神戸支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント神戸支店のスタッフは、20代から50代まで幅広い年齢のスタッフが在籍。お客様に寄り添ったヒアリングとご提案を実施いたします!お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのメンテナンス・リフォームのご相談は、三和ペイント神戸支店まで!

Q外壁塗装に適した時期と、支払い方法は?【電話問い合わせ】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の光田です。弊社は兵庫県神戸市に支店を構え、外壁塗装のご案内をさせて頂いておりますが、今回は同じ神戸市にお住まいのT様とお話しさせて頂きました。お建てになられてから14年経過しており、元々立地的にもよくお目立ちするお住まいだったため、よく塗装業者からのお声はかかっていたとのことでした。いつかは外壁メンテナンスが必要であることは理解していたT様ですが、予算計画の問題からもう少し先でお考えだったところ、弊社の実績工事創りのご相談として好条件が出るのであればということでお話を聞いて頂きました。実際にお伺いさせて頂くと、外壁のサイディングボードにはチョーキングが起きており、コーキングも激しく剥離や亀裂が生じていたほか、目に見えない屋根の部分にも無数のクラック(ひび割れ)が生じており、T様も大変驚かれておりました。今回お話をさせて頂いた中で、外壁塗装工事を行う時期について気にされておられたので、寒冷地でない限り、兵庫県の概ねは不適合な季節は一般的にはなく、「春や秋が塗装には適切」とよく耳にしますが、春には花粉の付着や春雨、夏は梅雨や猛暑、秋は台風に秋雨、冬は雪や低気温などといった具合に、どの季節にも障害は必ずあるということをお伝えしました。そのうえで大切なのはどの季節に施工するにしても、その季節で起こりうる気象障害への事前対策がきちんと打ち合わせられているか、が重要であるとお伝えしたところお客様もご納得されたようでした。また、最も気にされていた予算計画の面に関して、弊社の場合支払い方法は、現金2回払い、信販分割払いなどがあります。特に8月末までは信販分割払いの手数料が全くの0円で信販契約が可能です。とお伝えしたところ、納得の表情で大きく頷いておられました。今回お客様の疑問点に対し丁寧に細かくご説明させて頂いたところご縁を頂くことになりました。このように疑問点や不安点に対ししっかりとご理解いただいたうえで施工を任せて頂くことが大切であると毎度の商談・施工で感じます。今回は梅雨後半での施工でしたが、段取りも上手くいったのでT様にはとても喜んで頂けました。

担当スタッフ光田 耕陽
職歴

Q屋根の痛みが気になる、屋根塗装の種類は?【電話問い合わせ】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の桐石です。今回は神戸市北区に建てられたY様のお住まいに伺わせて頂きました。神戸市北区といえばなんといっても有馬温泉があることで有名な地域になり、毎年多くの観光客が訪れる地域です。Y様のお住まいは小堀住建(現ヤマダホーム様)で建てられた豪華な造りのお住まいでした。 奥様が山の上にある介護施設に通われており上から見た自宅の屋根の傷みが気になられておりました。このように外壁リフォーム工事をご検討される際に屋根の傷みから気にされる方は少なくありません。今回は息子様も同席して頂いたのですが、屋根塗装に関する塗料の種類や効果が知りたいとのことだったので、外壁、屋根の塗装工事に使われる塗料としては、大きく分けてもアクリル・ウレタン・シリコン・フッソなど多くの種類があり、さらに細かく分けると無数の種類があります。ですので弊社で扱っている塗料の長期保証に関してや、遮熱塗料に関しても細かいところまで詳しくご説明させて頂きました。屋根は外壁と比べても紫外線が当たりやすく傷みの進行が速い為、遮熱塗料が非常に効果的になります。 以前に見たお見積もりよりも高額とのことでしたが、丁寧な塗料の説明や長期保証、何より会社としての姿勢をご評価いただき今回外壁塗装工事を任せて頂くことになりました。

担当スタッフ桐石 壮士
職歴

Q塗料、1色でなくて2色でも工事可能?【近隣紹介】

外壁塗装の三和ペイント、神戸支店の平井です。神戸市北区は当社の施行実績が多いエリアです。神戸電鉄の沿線から広がった都市開発は、兵庫県でも屈指のベットタウンとしても有名です。今回お問合せいただきましたT様。住友林業で建てられた築20年のお住いでした。「近所で三和さんが塗装工事されていて気になっていたのよ!」とT様からお声がけをいただいたのですが、様々な塗装業社の研究をした結果当社に最終お問合せをいただいたようです。T様は「塗装リフォームか、建て替えか」を悩んでおられたようです。しかし、塗装で気分を変えることができると知っていただき、具体的な塗装リフォームの検討をすることになりました。塗料の質、アフターサービスについてご理解とご納得をいただき施工を進めてまいりました。また塗装の色についても興味があり、ご契約の際はこだわり抜いて1色で決めていましたが、改めて後日、娘様とも相談してツートン(2色)に変更したいと連絡がありました。帯の無いタイプのお住まい様で通常ではあまりツートンに施工することが無いタイプの建物です。またタイル柄のボードでしたので、もともとの柄を活かしてツートンに出来ないかなどご相談をいただきました。お打合せの際、計測の際にコピーした図面に書き込んでお伺いさせていただきました。基本ツートン(2色)ですと1階と2階で色分けで色を同系色の濃いものを1階に薄いものを2階に選ぶのをご提案することが多いのですが、今回は変則的な色分けでツートンの色のご要望がありました。濃い方のラインナップの中から違う系統の色の2色でした。結果、お客様のご希望の2色での施工となりましたが、塗料を発注していざ施工してからの変更はできない為、板見本を使い少しでも仕上がりをイメージして頂けるように見比べて決めてもらいました。ご安心をいただきました。無事施工も終了してお住まいをぐるり拝見した際に、このツートンの組み合わせでの仕上がりは思っていた以上に良い感じでお客様にも喜んでいただきホッとしています。基本となる色の組み合わせは当然あるのですが、主張の強い色を組合せる施工は私としても初めのことで思い出深い案件になりました。ぜひ色に悩まれた時は、神戸支店にご相談ください。

担当スタッフ平井一則
職歴