神奈川支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント神奈川支店のスタッフは、若手社員が多く在籍。お客様に貢献したい!という気持ちで、外壁・屋根塗装のご提案を致します。また、工事管理課も在籍しておりますので、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのご相談は、三和ペイント神奈川支店まで!

Q自分調べてもわからないため専門家に話を聞きたい【電話問い合わせ】

外壁塗装の三和ペイント、神奈川支店の高橋です。今回ご相談頂いたY様が住まわれる相模原市南区は相模原3区の中で最大の人口を要する区で、大規模な商業施設と緑地とを擁するベッドタウンです。弊社顧客様の近隣営業の際一度玄関先でお話したところ、前回の外壁塗装から15年経過しており不安な点が多数あるということで後日お電話を頂きました。外壁塗装に関する知識が無いY様は、自身でネットなどを用いて外壁の痛みについて調べられたそうです。しかし「傷みが進んだら外壁がめくれることがあるのか?自分の家の建材は何を使っているのか?」など分からなかったそうで、どういった手入れの方法があるのか教えてほしいとご相談を受けました。点検させていただくと、外壁の黒ずみが強く出ており、また屋根褪色が進み防水機能が切れている状態でした。その他にもベランダの外壁がめくれてしまい腐食が進んでおり、早急な外壁メンテナンスが必要な状態でした。Y様ご自身ではネットで調べた際、お住まいの建材がモルタル外壁だと思い込んでいらっしゃいましたが、パネルボードの上に粗い骨材を吹き付けているタイプの建物でした。パネルの上から厚く吹き付けされており、目地が見えなくなっていた為に勘違いなされたようです。よく観察すると細かい亀裂が目地に沿って一本筋が入っており、また通常塗膜が起こすものとは違う膨れも確認できました。外壁塗装メンテナンスをする際、建材によって使う塗料がかわります。今回の場合ですと、一度外壁素地を補修した後に骨材を吹付け、その上から外壁塗装することで違和感を抑えて仕上げる事をご提案させていただきました。今回は外壁屋根の傷みを間近で点検するまで私も建材を特定することが出来なかった案件です。今回のお話を通じて改めて現地調査の大切さを痛感しました。当社では現場診断から材料選定、そして計測、最終のお見積りまで即日実施致しますので、自分の家の建材って何?と全く知識の無い方にこそ迅速かつ丁寧にご案内させて頂きたいです。

担当スタッフ高橋 柊助
職歴

Q日本で最もいい塗装がしたい!【電話問い合わせ】

外壁塗装の三和ペイント、神奈川支店の高橋です。この度は神奈川県秦野市にお住まいのK様からお問い合わせ頂きました。築20年のK様のお住まいですが、前回1度塗装リフォームをされており、今回の2回目は「品質重視」ということで当社に興味を持っていただきました。お問い合わせいただいた際に「日本でもっとも良い塗装をしたい」とのご要望があり、ハウスメーカーではなく外壁塗装専業の当社にお問合せいただきました。外壁塗装業者を選ぶ大きな基準としては「価格」と「品質」のバランスが重要になります。また塗装工事に入る前に施工する塗装業者が点検・診断をしっかりすることが大切です。実際にお住いに伺い点検させていただくと、訪問後の点検では屋根の変退色がかなり目立っており、外壁はチョーキングと色褪せの傷みが出ていました(※チョーキングとは旧塗膜が劣化したことにより、外壁を触ると旧塗膜が粉の様に手に付く現象)。塗装歴10年ほど塗膜損傷の3大症状「変色」「褪色」「チョーキング」がそろっていました。私たち三和ペイントの外壁塗装サービスの特徴は、関西ペイントとタイアップしてリリースした自社のオリジナル塗料グランコートと施工後のアフター無料点検です。塗料の品質にご興味を持っていただいたK様に、塗装業界で長く言われている「10年一塗」という売り文句は昔の話(※寒冷地、温暖地による)であり、現在当社では外壁塗装で言えばMUKIフッソを使用した20年対応15年の塗料保証が最高ランクとして用意していますとお伝えしました。そのため住宅用塗料の中で、もっとも高品質なもの扱っているということで私は自信をもってご提案させていただきました。また塗料メーカーは大中小様々な会社があり、各社が星の数ほど材料を取り揃えている中で弊社の他社と違うところは、塗料の長期の対応年数に自信を持って案内するために対応年数の裏付けとして長期の保証、アフター定期点検を行っているということです。当然お住まいの方によってご事情やご計画は様々だと思いますが、今回のK様は弊社の材料を大変気に入って頂きました。屋根や外壁の状態、またお客様の要望に合わせて提案内容を変えることが出来ますが、今回お話をお伺いするときに「良い塗装リフォームをしたい」というお客様の要望をお伺いしたため、その期待に応える為に私達が現状用意できる当社最高ランクMUKIフッソによる施工を勧めさせていただきました。これからもお客様の要望を真摯に受け止め、最適なご案内をしていきたいです。

担当スタッフ高橋 柊助
職歴

Q外壁の傷みが強い、最適な対処は?【電話問い合わせ】

外壁塗装の三和ペイント、神奈川支店の木下です。神奈川県伊勢原市にお住まいのG様、築24年のミサワホーム様でお建てになられたお住まいでした。伊勢原市は神奈川県のほぼ中央の位置にある地域で、シンボルとなる大山を中心に豊かな自然と温暖な気候が特徴的な地域です。今回、築年数もある程度経っており外壁の強い痛みとコーキングの劣化を気にされておられたところ、弊社からのお電話にてお話しする機会を頂きました。実際にお話を聞いてみると、現在の痛みに対しての適切なお手入れの方法を知りたいとのことでしたので、傷んでしまった外壁に対して外壁塗装工事を行う際の下塗り塗料の重要性についてご説明させて頂きました。通常外壁塗装に使われるシーラーなどの下塗り剤だと年数が経過したときに下地から膨れや剥離が起きてしまうことをご説明し、弊社の使用している浸透性の高い下塗り塗料を勧めさせていただきました。まだコーキングも紫外線等の影響で劣化が強く出ておられたのでしっかりと充填させて頂きました。現状の外壁に対してのベストな対処方法を丁寧にお伝えすることでご信用いただけたこと、また会社自体の考え方を気に入っていただけたことでご縁を頂きとても嬉しく思いました。

担当スタッフ木下 颯
職歴
全16ページ
X
営業なし無料の「訪問ざっくり見積もり」
↑