神奈川支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイント神奈川支店のスタッフは、若手社員が多く在籍。お客様に貢献したい!という気持ちで、外壁・屋根塗装のご提案を致します。また、工事管理課も在籍しておりますので、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして長期的なサポートを致します。大切なお住まいのご相談は、三和ペイント神奈川支店まで!

Q外壁塗装の保証ってどいうものがあるの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、神奈川支店の髙橋です。神奈川県は川崎市にお住まいのW様邸での話です。地元工務店で建てられ築20年を迎えられるW様邸のある川崎市は政令指定都市20市の中で最も面積が小さい東京のベッドタウンといわれている地域になります。所狭しと立ち並ぶ住宅街に比例してリフォーム業界の同業他社も多くまさに激戦区です。その中で弊社資料に興味を持って頂きお話を聞かせていただきました。W様からのご質問内容は、「保証の内容って年数以外にどんな違いがあるの?」とのことでした。近々塗装をしようと複数の業者様から外壁塗装の内容を比較検討されているところでした。さっそく現地調査に伺いお住まいを点検させていただいたところ、築20年が経ち塗装を一度もしていないお住まいは年数なりの傷みが見受けられ早急に塗装のお手入れが必要な状態でした。W様は塗装で使用する塗料の耐久年数や見積金額などは「なるべく長く」「なるべく安く」と比べ易いが、一番気にされておられた保証に関しては何が良くて何が悪いのか全く見当がつかないとのお悩みをお抱えでした。ですので保証について詳しくご説明さえていただきました。一般的な外壁塗装の保証であれば「施工保証」や「塗膜保証」の2種類がございます。施工保証は言葉通り、施工に対しての保証になります。これは塗装における塗り残しや施工不良があった場合に適用される保証になります。それとは別に塗膜保証は施工不良の有無に関係なく塗膜(塗料・工法)に異常が発生した場合、期間内に限り保証するというものです。この保証内容の違いをしっかり事前にご確認されないお客様も多くそのままご契約に至るとトラブルに発展するケースがございます。弊社では「塗膜保証」を採用しており、その範囲も「塗膜の剥離(剥がれ)」「塗膜の膨れ」「塗膜の過度な変退色」と幅広く適用させて頂いております。この施工保証と塗膜保証の違いや保証の内容がどこまで適用されるのかをご提案時に把握することがとても重要となります。W様には弊社の保証内容をしっかりとご説明させていただきご理解と不安払拭につながったことでご縁をいただけたのだと思います。ホームページなどでシミュレーションや一括見積してくれるサイトだけを信じてすべて把握するのは難しいことです。お客様にとってとても大切な検討項目になりますので今後も同じようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃればわかりやすく丁寧にご提案していこうと今回のW様との出会いで改めて思いました。

担当スタッフ髙橋 柊助
職歴

Q対応できる塗装の色はどのくらいあるの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、神奈川支店の木下です。神奈川県は秦野市にお住まいのY様邸についてです。弊社からお電話にてお住まいにお困りがないか確認したところ、タイミングよく建てられたハウスメーカー様からもそろそろ外壁塗装を考える時期とのことでそろそろ検討しなくてはと思われていました。Y様は塗るなら希望の塗装色がいいとこだわりを持たれておりました。さっそく現在のお住まいの状況から拝見させていただかない限り症状に合わせたご提案ができないため、現地調査をさせていただけることになりました。実際に現場を訪問してお住まいを拝見させていただくと、築25年が経過したY様邸は年数経過による傷みが見受けられました。長年太陽の日差しを浴びて紫外線による外壁材や屋根材の劣化やその他に雨風や台風などによる色あせやひび割れなどいろいろな箇所に傷みがあり防水機能が低下している状態でいつ浸水による雨漏りなど大きな傷みが発生する可能性があり、できる限り早めのメンテンナンスをおすすめさせていただきました。Y様は色にこだわりをお持ちでしたので、弊社に関する強みをお話させていただきました。弊社が取り扱う塗料は、国内最大手の塗料メーカーである関西ペイントと共同して開発した高品質の塗料であること、対応できる基本色や特注色を含めて約600色ものバリエーションがあることをお伝えさせていただきました。色見本を実際にお見せし、直接外壁に当ててみたり、複数枚でお住まいとのバランスを見たりして色決めをさせていただきました。弊社では基本的に基準色とよばれる33色からお選びできることと、特注色という形でお客様だけのオンリーワンな塗料からご提案することが可能です。お住まい全体からバランスのとれた色をおすすめさせていただいたり、お客様の考えておられる組み合わせなどご納得いくまでご対応させていただきました。こうしたお客様に寄り添ったご提案から弊社への信頼をいただき施工させていただくことになりました。今回は色にこだわるお客様でしたが、大事なお住まいを守るために決して安くない費用をかける塗装工事ですので今後対応する施主様のご希望に限りなく近づけられるように自分自身の提案力を今以上に上げていかねばと改めて実感いたしました。

担当スタッフ木下 颯
職歴

Q費用対効果のよい外壁屋根塗装工事をするためにはどうすればいいの?【電話問合せ】

外壁塗装の三和ペイント、神奈川支店の木下です。神奈川県厚木市にある築25年の戸建住宅にお住まいのH様邸についてです。傷みに気づいて心配というH様より弊社にお電話をいただきました。さっそく傷みの進行具合を確認させていただくため現地調査させていただくことになりました。実際にH様と一緒に家回りを拝見させていただくと、15年前に屋根塗装をし、8年前には外壁塗装をされておられました。約10年ほど経った際に塗装工事をご検討されておられたようでした。屋根については年数経過による色あせとひび割れの傷みが見受けられました。高所カメラを使い撮影した写真を見ていただきながらご説明させていただきました。外壁についてはコーキングがわれてしまっている箇所や外壁材自体に割れている箇所もあり劣化が進んでおりました。H様からはこのくらいの傷みで屋根のみの補修と屋根・外壁両方補修するとどのくらい費用が違うの?というご質問をいただきましたのでそれぞれどういった施工が必要かを交えて費用面の違いをご説明させていただきました。H様邸の屋根は勾配があるので安全性を担保するために足場の設置が必要であること。そして数年後に外壁の塗装を再検討されたときには足場の設置がまた必要になり足場代が2倍かかります。外壁を今後何もしないということであれば屋根のみでも問題ございませんが、外壁の傷み具合から近い将来傷みから雨漏りなど大きな補修工事が必要なり、費用が高くなる可能性もあります。ですので全体の年数経過による傷み状況から今回同じタイミングで外壁と屋根の塗装工事をされた方が費用面も抑えられますし、不安を持ちながら住まわれるよりすべて安心した上で生活される方がH様にとっても好条件かと思います。弊社のご提案にご理解とご納得をいただけ外壁と屋根の塗装を同じタイミングで施工をお任せいただけることになりました。お客様には当然お考えややりたいリフォーム工事はございます。お客様のご意見を尊重しながらも私たちは、外壁や屋根のメンテナンスのプロとしてお考えを聞かせていただいた上でお客様のこれからのライフプランも加味して今どんな塗装工事をするべきかを判断して最適なご提案することが大切だと改めて感じました。

担当スタッフ木下 颯
職歴