いわき支店に寄せられた外壁に関する
ご質問・お悩み・ご相談をご紹介します!

三和ペイントいわき支店は、開設した2008年からずっとこの土地でお客様とのご縁を大切にしてまいりました。これまでに個人で表彰されたメンバーも在籍しております。これまで知識と経験を持ち合わせた提案で、お客様のお住まいのメンテナンスパートナーとして向き合います。大切なお住まいのご相談は、三和ペイントいわき支店まで!

Q外壁塗装の適正な時期を過ぎてしまったのではないかか?【電話問合せ】

三和ペイントいわき支店の小椋です。いわき市在住のO様。築20年ほどのお住いで「塗装の適正な時期を過ぎてしまったのではないか、塗装で大丈夫なのか?」ということでお問合せをいただきました。対面させていただいたのが今回は奥様でした。とても熱心にメモを取りながら、また様々な質問をいただいたのですが、その際は私の目を見て真剣な眼差しで誠実な応対をいただいたのが印象的でした。その中の質問で「塗料の種類やその耐久年数。どんな塗料を使うのか?」について、O様のお住いにあったメンテナンス方法を詳しく説明させていただきました。今回のO様のお住いは外壁材がガルバリウム鋼板という建材で、錆に強く長期耐久性、耐震性、耐熱性が高いものでした。寒冷地でよく見られるもので、近隣のサイディングやモルタルのお住いよりもヒビが割れる心配が少ないものです。しかし現地調査にて点検をさせていただいた際、勾配がある屋根は、通りから見てもすぐわかるほどコケや褐色が確認されたり、グレー色だった外壁も色が褪せ白っぽく変色していました。やはりメンテナンスすべきサインが数多くありました。屋根は勾配があるため屋根足場を組まないとお手入れができません。ご夫妻のご年齢を考えると、機体耐久年数が10年のシリコン塗料ではもう一度メンテナンスを検討しなくてはいけませんし、その分コストが増えてしまいます。今回はメンテナンスコストを考え、外壁の耐久年数を屋根の耐久年数に寄せる形で耐久年数15年のシリコン塗料をご提案させていただきました。また外壁材がガルバリウム鋼板ということで使う塗料をグランコートシリーズの中でも「セラMシリコン」という油性の塗料を使用させていただくのですが、少し匂いがきつい薬剤を使いますので、窓を開けっ放しにしてしまうと匂いが部屋に充満してしまうので注意喚起をさせていただきました。O様とは多くのやり取りをさせていただき、また見積もり真剣に検討いただきご決断いただきました。大切なお住い、終の棲家としての想いが十分に伝わるやり取りをさせていただきました。本気でメンテナンスを考えている方には私も真剣に向き合わないといけない。お客様のためにどれだけのことが出来るか考え提案することの大切さを思い知るお問合せでした。どんなタイミングであれお手入れをする事は無駄ではありません。些細な事でも困り事でも解決できるよう努めてまいります。

担当スタッフ小椋彩乃
職歴

Q塗装できる部分とできない個所を詳しく教えて!?【電話問合せ】

前回の塗装から15年以上経過したモルタル外壁の和風のお住まいで、亀裂や色あせに併せて前回塗装しなかった付帯塗装に興味をもっていらっしゃいました。現地調査に伺いお宅を点検させていただいたところ、オーソドックスな陶器瓦&モルタル外壁の和風造りのお住まいで付帯物も、破風板・軒天井・雨樋・雨戸・戸袋の5点でした。かなり変退色や剥離、黒ズミが目立っていたので、外壁塗装に併せてメンテナンスをご提案したところ、N様からは「外壁の亀裂と破風板や雨樋といった付帯物」が気になるとのこと。また前回の塗装業者様は付帯物の塗装を提案されなかったようで、過度な色あせや剥離が目立っていた為に外壁と併せて塗れるところを全部塗ってほしいとリクエストをいただきました。塗装した顧客様にもよく質問を受けることが「付帯物の塗れるところ、塗れないところ」についてです。通常付帯物として塗ることが可能な個所は多数あり、今回のように軒天井・雨樋・雨戸戸袋・破風板等は塗ることが可能です。外壁塗装の目的の一つである「美観」という観点でみると、付帯物を塗っていないと傷みが目立ってしまいますし、足場を架けて外壁塗装する際に一緒に行った方が後々別工事で行うよりコストを抑える事ができます。1点注意するとすれば、外壁や屋根の様に専用材料はありませんので保証対象外であるということです。上記以外にも水切りや換気フード等の金物系、室外機のホース等のプラスチック系は塗ることが可能です。塗る事が出来ない箇所はガラス等の無機物やステンレスやアルミ等の非鉄金属と呼ばれるもの、またよくリクエストをいただきますが窓サッシは塗る事が出来ません。当然付帯物を塗らなければご予算を多少なりとも抑える事ができますが、弊社はお客様に選んで頂き、内容もご予算も納得して頂けご提案をさせていただいております。今回のN様は特に美観も気にされていましたので塗る事が可能な箇所はすべてお見積りに入れさせて頂いて施工いたしました。外壁や屋根の傷みは放っておくと当然補修などにご予算が掛かることがあります。またお問合せいただくように、何が塗装出来て何が塗装出来ないのか、そういった基本的な事を情報は分からないと思います。引き続きご不明な点含めて、丁寧な対応でアドバイスに努めなければと身が引き締まる思いでした。

担当スタッフ高橋柊助
職歴

Q自分の家の外壁建材に合わせた塗装の方法は?【近隣ご紹介】

三和ペイントいわき支店の高橋です。いわき市在住、地元工務店で建てられ築25年。今回ご相談頂いたO様が住まわれる中央台は、いわき市内有数の住宅団地であり、いわき支店でも多くの外壁塗装の実績がある地域です。O様も地域のお知り合いに相談された際に当社の名前が上がりお声がけをいただきました。現地調査に伺うと、前回塗装から15年経過しているそうで「外壁屋根の経年劣化がとても心配」ということでした。点検させていただくと、外壁の黒ずみが酷かったこと、また屋根の褪色が進んでおり防水機能が切れている状態でした。更にベランダの外壁がめくれており腐食が進んでおり性急なメンテナンスが必要な状態でした。知識が無いのでO様はネットなどで傷みの症状を調べられたそうです。しかし「傷みが進んだら外壁がめくれることがあるのか?自分の家の建材は何を使っているのか?」など分からなかったそうで、どういった手入れの方法があるのか教えてほしいとご相談を受けました。O様ご自身ではネットで調べた際、お住まいの建材がモルタル外壁だと思い込んでいらっしゃいましたが、パネルボードの上に粗い骨材を吹いているタイプの外壁でした。パネルの上から厚く吹付けされており目地が見えなくなっていて勘違いなされたようです。よく観察すると細かい亀裂が目地に沿って一本筋が入っていたり、通常塗膜が起こすものとは違う膨れがあったりしました。塗装メンテナンスをする際、建材によって使う塗料がかわります。今回の場合ですと、一度外壁素地を補修した後に骨材を吹付け、その上から塗装することで違和感を抑えて仕上げる事をご提案させていただきました。今回は外壁屋根の傷みを間近で点検するまで私も建材を特定することが出来なかった案件です。やはり現地調査の大切さを痛感しました。当社では現場診断から材料選定、そして計測、最終のお見積りまで即日実施するこも可能ですので、自分の家の建材って何?と全く知識の無い方にこそ迅速かつ丁寧にご案内させて頂きたいです。

担当スタッフ高橋柊助
職歴