スタッフ紹介Vol.04 -小椋 彩乃さん- 三和ペイントいわき支店

小椋彩乃

こんにちは!外壁塗装の三和ペイント、いわき支店です。
今回は、小椋 彩乃さんをご紹介いたします。

小椋さんは、福島県喜多方市出身。
喜多方市に13年、郡山市に9年住まれていて、今年1月に三和ペイントに入社と同時にいわき市に移り住んできたとのこと。
学生時代は9年間合唱に打ち込んでいた為、歌う事や音楽を聴くことが大好きなんだそうです。

そんな小椋さんにインタビューをして聞いてみました!

入社したきっかけはなんですか?

前職では金融機関で窓口業務や事務処理などをしていました。
事務のような内部仕事よりもお客様と対面で関りを持てる仕事が好きだったことや人を幸せにすることがしたいということもあり、転職するにあたり営業職につきたいと考えていました。
数ある営業職の中でも住宅関係の仕事に以前から興味があり、中でも外壁や屋根の塗装分野は知識を身に着ければ将来的にも必ず役に立つと思ったのでこの仕事を選びました。

外壁塗装を提案する際に大切にしていることはなんですか?

まず、一番に大切にしているのは、お客様がどのくらいお住まいを大切にされていて、どのくらいお壁をもたせたいと思っているかという所です。
こちらが一方的にお話を進めるのではなく、ご家族様でお手入れにどのようなお考えがあるのかを聞かせて頂くことで、お客様のニーズに合った提案をするように心掛けています。
ご家族様の大切なお住まいですから、お客様の納得のできるご提案が出来るよう小さなことでも何でもお話しいただきたいと思っております。

三和ペイントに勤めて初めてのお客様はどんな方でしたか?

初めてのお客様は以前弊社で塗装した方からの紹介で電話をしてくださった方でした。
塗装自体は2度目で以前の塗装から10年以上が経過していたこともあり色褪せが進行しており、水切りの塗膜の剥がれも気になっていたということでお問い合わせを頂きました。
お庭もとてもきれいにされているご夫婦でお住まいもとても大切にされていらっしゃるのが伝わってきました。とてもお人柄の良いご夫婦で、職人や現場担当を気遣ってくださったり、作業ぶりを褒めてくださったりと、こちらもとても嬉しくなる体験をさせていただきました。
初めてのお客様との出来事は印象深く、絶対に忘れることはありません。
今後仕事をしていくうえで励みになる経験でした。

お住まいを点検する際に気を付けている事はなんですか?

目に見えて、色褪せ・黒ずみ・カビ・褐色のような傷みが出てきている時はもちろん手入れを考えるきっかけとなるのですが、建てて数年と言えど、雨樋が褪せ始めていたり、サイディングボードを使用しているお住まいは特に目地のひび割れや硬化が出始めてきている時は少なからず外壁やお屋根も少しずつ傷み始めているので早め早めのお手入れは必要になると思います。
大切なお住まいであれば尚早めのお手入れで先々の傷みの進行を遅らせる事によって何十年とお住まいを守ることが出来ます。

福島県内でお住まいのリフォーム、塗装メンテナンスでお困りごとがありましたら気軽にいわき支店の小椋までお問合せください。

いわき支店の施工実績はコチラ
https://www.sanwa-paint.jp/resultsearch/cat-3/

施工経験者900人の声!「知りたい塗装10のこと」資料請求はコチラ
https://www.sanwa-paint.jp/brochure/

30秒でわかる!簡単Web見積もりはコチラ
https://www.sanwa-paint.jp/form-org2/

X
営業なし無料の「訪問ざっくり見積もり」
↑